スポンサーサイト


Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ch邦楽板住人が選ぶ『邦楽に影響与えた各年代のバンド15組』(00年代編)


Category 邦楽全般
1232.jpg
1: 名無しのエリー 2011/07/22 13:35:32 ID:9GqeSYHG0

1980年以前、80年代、90年代の3世代別に邦楽に影響力が大きいバンドを15組ずつ決めるスレです




S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事

1: 名無しのエリー 2011/07/22 13:35:32 ID:9GqeSYHG0

・1980年以前、80年代、90年代の3世代別に邦楽に影響力が大きいバンドを15組ずつ決めるスレです
・ジャンルは問いません(ロックでなくでもOK)
・選出の絶対条件は「日本人主体のバンドであること」です
・バンドの定義はギター、ベース、ドラムを正規メンバーで揃えているグループor正規メンバーにキーボードがいてリズム隊を兼ねているグループのどちらかです。これ以外はユニット扱いで選考対象外です
・リアルタイムを経験してる人が語れるのが一番ですが、後追いで好きになった人が推すのもアリです。後追いを理由に叩かないこと
・具体的なエピソードに基づいて議論してください。影響の中身を述べずに○○入れてというレスは無効です
・影響(功績)は以下の6種類に分かれますが、いずれも影響と認めます
1.プロへの影響(リスペクト発言、交流・コラボ、カバー・トリビュート、作品・ライブの業界評価、音楽性に影響が見えるフォロワーの存在など)
2.一般への影響(当時及び現在のコピー頻度、CD売上、バンドスコア売上、関連商品売上、ライブの人気、その他人気の高さを示すエピソード)
3.ジャンル・シーンの開拓またはメジャー化に貢献
4.作詞・作曲・演奏など表現方法の開発または普及に貢献
5.海外評価(ただし日本での評価もあることが前提。海外でしか評価されてないのはNG)
6.その他(それまでなかった活動スタイルの発明またはメジャー化に貢献、映画音楽など関連分野での実績)
・毎日午前0時過ぎに1日の議論内容をふまえて確定・保留・却下を決めた表を貼る予定(その時に決定理由を必ず読んでください)
・基本的に皆さんの議論に委ねますので、表更新以外はあまりレスしません。決定理由は議論内容をなぞることが多くなりますがご承知ください
・有力な意見が出ずにまとまらない時以外は自分の選考基準は優先しないつもりです
・単なるバンドの好き嫌いだけで決定に文句を言わないこと。特定のバンド叩きもしないでください
前スレ
http://www.logsoku.com/r/musicj/1310779815/l50





引用元: 邦楽に影響与えた各年代のバンド15組ずつ決めよう4



60~70年代:2ch邦楽板住人が選ぶ『邦楽に影響与えた各年代のバンド』(60~70年代編)
80年代:2ch邦楽板住人が選ぶ『邦楽に影響与えた各年代のバンド15組』(80年代編)
90年代:2ch邦楽板住人が選ぶ『邦楽に影響与えた各年代のバンド15組』(90年代編)



992: 7 2011/07/28 23:17:22 ID:2p1DW7Te0

【2000年代】



『BUMP OF CHICKEN』


~自己完結的な新種の草食系の最大勢力。ミスチル桜井やコブクロ小渕、ピロウズさわお等に評価される。フォロワーはRAD、tacica等~

no title
BUMP OF CHICKENは、1994年に結成された、日本のロックバンド。トイズファクトリー所属。バンド名は『弱者の反撃』という意味を持って名付けられた。オリコン集計におけるアーティスト・トータルセールス(CD総売上)は約764万枚。オリコンが2006年に行った調査「06'好きなアーティストランキング」では総合で10位以内に入っていないものの、世代別の10代に於いて第2位(10代男性は1位、10代女性は5位)を獲得している。また、同じ2012年に行った調査では、10代は6位、20代では10位にランクインしている。同じミュージシャンからは、特にMr.Childrenの桜井和寿とコブクロの小渕健太郎が熱心なファンであることを公言している。引用元:Wikipedia
BUMP OF CHICKEN『天体観測』




『陰陽座』


~中堅メタル勢の中では唯一、セールスで健闘。妖怪メタルと言われる独自の音楽性や黒猫の歌唱力が評価されている~

no title
陰陽座は、日本のヘヴィメタルバンド。キャッチフレーズは「妖怪ヘヴィメタル」。和服や平安装束のような衣装を着用し、人間のあらゆる感情を映す妖怪を題材としている。そのコンセプトやルックスから所謂「色物」と扱われることもあり、また2000年代の「ネオ・ヴィジュアル系」ブームや海外におけるジャパニメーションブームとの関連を語られることもあるが、音楽性は端正かつ叙情的な王道のヘヴィメタルを志向しており、男女ツインヴォーカルによる表現の振れ幅の広さは特筆に値する。特に女性ボーカル黒猫の美声には定評があり、陰陽座が誇る希代の歌姫と称されている。歌詞は日本語以外の言語を極力排除して、古語・漢語を多用する。引用元:Wikipedia
バジリスク ~甲賀忍法帖~ OP [HD]




『MONGOL800』


~2000年代青春パンクブームの火付け役。インディーズ系の最大の成功者。楽曲のカバー率も高い~

no title
MONGOL800は、1998年に沖縄県で結成された、日本のスリーピースロックバンドである。2001年9月にリリースされたアルバム『MESSAGE』が、発売から7か月後のオリコンチャートで首位を獲得してインディーズとしては初の280万枚以上を売り上げ、日本のスリーピースバンドのアルバムとしては最高のセールスになった。エレキギター、ベース、ドラムの3つの楽器しか使わず、演奏の構成は非常にシンプルである。一方で、自分たちの音と歌に対する信用が自然な形で音楽に表れていて、シンプルな演奏であってもリスナーを退屈させない、と近田春夫は評している。アレンジの知識や演奏技術については経験を積むに従って格段に向上していった。引用元:Wikipedia
小さな恋のうた




『ガガガSP』


~青春パンクに吉田拓郎的フォークを取り入れて1つのスタイルを作った。セックスマシーン、ピンクリボン軍等がフォロワー~

no title
ガガガSPは、日本の青春パンクバンド。以前、本人らは青春パンクに分類されることを嫌っていたが、現在コザック前田は青春パンクを90歳まで続けると宣言している。グループは全員が神戸市内出身で、メンバーの桑原と田嶋は高校時代の同級生である。また実家もメンバー同士近く、地元への郷土愛が強い。その証拠に曲には、地元の事を歌ったものが非常に多い。引用元:Wikipedia
ガガガSP 「卒業」




『ナンバーガール』


~日本のオルタナシーンを開拓。アジカンやランクヘッド、9mm等フォロワーを多数生んだ~

no title
ナンバーガールは、日本のオルタナティヴ・ロックバンド。1995年8月に福岡で結成され、2002年11月30日に解散。SUPERCARやくるりなどと共に「'97の世代」と呼ばれた。ピクシーズなどのオルタナティヴ・ロックの影響を受けたといわれる、いわゆるギターロックの系譜にあり、向井のヴォーカルもそうしたギターロック調のシャウティングが中心であった。1999年に発表されたシングル「DESTRUCTION BABY」あたりから、ダブ、レゲエ的な音響処理が用いられるようになる。また、ヴォーカルスタイルも「TOKYO FREEZE」においては向井独特のラップを披露していた。ラスト・アルバムとなった『NUM-HEAVYMETALLIC』においては、祭囃子的な和の要素を取り入れたサウンドを展開する。引用元:Wikipedia
Number Girl: ナンバーガール - 鉄風_鋭くなって「PV」




『東京スカパラダイスオーケストラ』


~マイナーだったスカというジャンルをメジャーにした。インストメインのバンドでオリコン1位という快挙も成し遂げた~

no title
東京スカパラダイスオーケストラは、日本のスカバンド。現在の所属レーベルはcutting edge、所属事務所はSMAプレイヤーズ。楽曲の大半はインストゥルメンタルである。1985年に結成。1989年11月18日にファイルレコードからアナログ盤『東京スカパラダイスオーケストラ』をリリースした後、1990年4月21日にEPIC SONYからシングル「MONSTER ROCK」、5月1日にアルバム『スカパラ登場』でメジャー・デビュー。引用元:Wikipedia
東京スカパラダイスオーケストラ / 銀河と迷路




『ゆらゆら帝国』


~ニューロックの復権。日本語の面白さをサウンドに乗せた。解散後にポストゆら帝と言われるフォロワーが出てきた(代表格は嘘つきバービー)~

no title
ゆらゆら帝国は、1989年に結成された日本のロックバンド。2010年3月31日、同日付での解散を発表。音楽性はサイケデリック・ロックと形容されることが多い。事実耳障りな程のファズギターやトリップ感覚をもたらすような反復を含む楽曲も少なからずあるが、90年代半ばからは比較的ストレートなロックンロールやポップスのフォーマットを導入しており、子供や女性がボーカルを務める楽曲や、ミニマル・ミュージック、音響系、ダブ、ファンクなど様々な音楽性が混在する独特のサウンドを志向していた。初期はおどろおどろしい歌唱とストーナー的な重苦しいグルーヴと共に「日本語のオリジナルロック」を追求していたが、デビュー後は特にこだわらなくなったようで、歌詞や曲名に英語が使われている楽曲が多くある。引用元:Wikipedia
ゆらゆら帝国で考え中 MV




『サンボマスター』


~青春ガレージながら、ソウルやファンク等黒人音楽も取り入れる。若手では楽曲の認知度が高い~

no title
サンボマスターは、日本のスリーピース・パンク・ロックバンド。基本的にボーカルの山口が作詞・作曲を担当。サウンドはシャウトを多用するストレートなパンク・ロックが主体であり、同時にソウルやファンクの影響も見られる。一方で、ブルースやポップスをうかがわせるような優しくメロディアスな楽曲や、ヒップホップ、ラップを取り入れたミクスチャー・ロック調の楽曲なども存在する。歌詞の内容は愛情や生について率直に、だが独特の表現で唄ったものが多い。曲間に山口の語りが多く入れられ、ライブではその時の想いをそのまま伝えるため、本来の歌詞やリズムなどをそっちのけにして語り続けることもしばしばある。引用元:Wikipedia
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ 日剧《電車男》主题曲中文字幕)




『ASIAN KUNG-FU GENERATION』


~ナンバガの進化形。メロディを強化することでセールス的に成功。自主フェスで若手バンドを発掘。ロックシーンを牽引している~

no title
ASIAN KUNG-FU GENERATIONは、日本の4人組ロックバンド。「ソラニン」を除く全楽曲の歌詞は、後藤が手掛けている。情景描写と心理描写を巧みに駆使した、ほとんど日本語で綴られる抽象度の高い歌詞が特徴である。作曲もほとんどが後藤の手によるものだが、他のメンバーが作曲に関わることもある。また、曲を作ったメンバーが歌えばいい、という方針であり、喜多が作曲した「嘘とワンダーランド」では、後藤ではなく喜多がメインボーカルを担当している。なお、初期の音楽性は、叙情的なメロディと歌詞に、後藤の叫ぶ様なエモーショナルなボーカルが乗るという点がeastern youthと共通しており、影響を色濃く受けている。また、『N.G.S』というタイトルの楽曲を作ったりするなど、NUMBER GIRLからの影響も随所に伺える。引用元:Wikipedia
ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』




『SUPERCAR』


~ブリットポップにエレクトロ要素を取り入れた。フォロワーはサカナクション。いしわたりのプロデュース実績(チャット、ねごと等)や歌詞提供(Superfly)等も加味~

no title
SUPERCARは、中村弘二、いしわたり淳治を中心としたメンバーによって構成される日本のロックバンド。1997年にデビューし、2005年2月26日に解散した。レコード会社へ送ったデモテープがきっかけで1997年にシングル「creamsoda」でデビュー。初期はシューゲイザーを彷彿とさせるノイジーなギターサウンドとポップなメロディを基調としており、同時期に登場したナンバーガール、中村一義、くるりらとともに新世代ロックバンドとして注目を集める。この4バンドは後に「'97の世代」と呼ばれ、日本語ロックの世界に多大な影響を及ぼしたとして、若手バンドのリスペクトを一身に集めている。引用元:Wikipedia
Strobolights




『Dir en grey』


~京はデスボイス歌唱法の第一人者。ガゼットのルキや、メリーのガラ等ネオV系にリスペクトされる~

no title
DIR EN GREYは日本を拠点に活動するロックバンド。1997年に大阪府で結成。日本を始め世界各国で活動を行っており、アルバム『UROBOROS』は世界17ヵ国で同時期発売された。またTop Heatseekersチャートでは1位を、Top Independent Albumsチャートで9位をそれぞれ記録した。楽曲はメタル、ハードコア等をベースに民俗音楽など数々のテイストを多く織り交ぜている点が特徴的である。京が非常に多くの歌唱法を使い分ける点も大きな特徴で、グロウルやファルセット、ミックスボイス、さらに近年ではホイッスルボイスも多用している。作詩は京が、作曲はメンバー全員の共作で行っている。歌詩は初期から一貫して人間や自然の「痛み」について様々な視点から書かれている。引用元:Wikipedia
[PV]Dir en grey - 朔-saku-




『マキシマムザホルモン』


~日本語の意味を壊した独特な歌唱でハードコアをやる独自のスタイル。CDセールスやバンドスコア等一般への影響力が高い~

no title
マキシマム ザ ホルモンは、1998年に東京都にて結成された日本のロックバンド。ハードコアパンクに似た激しい演奏が持ち味。シュールで何を言ってるかワケが分からない歌詞を叫び散らすバンドというイメージが強いが、ポップな曲も多く、一つのジャンルに括れない独自の音楽性を持っている。また、非常に高い各メンバーの演奏技術も特徴である。引用元:ニコニコ大百科
Maximum the Hormone - 恋のメガラバ




『10-FEET』


~アジカン同様自主フェスを行いロックシーンを牽引。スカパラやエルレ細美、DAなど幅広いジャンルのアーティストから支持を得ている。フォロワーはダストボックス、NUBO等~

no title
10-FEETは、京都府出身の3人組ロックバンド。所属レーベルはユニバーサルミュージック、マネジメントはBADASS。ジャンルは主にメロディック・ハードコアに分類されるが、ミクスチャーナンバーもこなす。シングル「april fool」でCDデビューし、「RIVER」がオリコン30位に入る。4thシングル「nil?」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを果たす。CDジャケットとCDの帯のコメント書きはMOBSTYLESの田原洋が行っている。2005年12月31日、「COUNT DOWN JAPAN 05/06」に出演。カウントダウンの大役を務めた。引用元:Wikipedia
10-FEET「RIVER」




『GO!GO!7188』


~2000年代のネオGS代表格。ねごと、メルシーズ等アマチュア時代にコピーしていたバンドが多い。トリビュートにはフラカンやブッチャーズも参加。フォロワーはキノコホテル~

no title
GO!GO!7188は、かつて存在した日本のスリーピースロックバンド。2000年6月28日メジャーデビュー。デビュー当初から、比較的GSサウンドを基盤とした楽曲制作を行っていた。多くてギター2本にベース、ドラムというシンプルな構成の音楽である。メンバーのキャラクターもさることながら、楽曲の構成力・歌詞・メンバー個々の技術等が特に高く評価されており、10代-20代の男女層を中心に人気がある。代表曲は「こいのうた」「C7」「浮舟」など。「こいのうた」は若者を中心に支持を得ており、カラオケではGO!GO!の楽曲の中で最も歌われる曲である。。また「浮舟」は『源氏物語』の登場人物である浮舟をモチーフとし、当時和製ロックとして話題を集めた。引用元:Wikipedia
【GO!GO!7188】_こいのうた




『RADWIMPS』


~キーボードみたいに自在に動くギター、哲学的でシニカルな歌詞など新種のミクスチャーバンド。ミスチル桜井やB'z稲葉などに評価される。一般人気も高い~

no title
RADWIMPSは、日本の4人組ロックバンドである。所属レコード会社はEMIミュージック・ジャパン。2005年にシングル「25コ目の染色体」メジャーデビュー。神奈川県出身。地上波にはあまり出てこずタイアップ曲等もあまりないが、中高生~20代前半を中心に人気があり、オリコンチャートで1位を獲得したこともある。タイトル・歌詞が個性的でユーモラスな曲も多い。ボーカル野田洋次郎自身の彼女に向けた恋愛の曲が多く、歌詞は全て野田が書いている。引用元:ニコニコ大百科
有心論 RADWIMPS MV






994: 7 2011/07/28 23:25:24 ID:uBttDg5r0

まとめは以上です
理由が弱いバンドもあるのは認めますが、それを降ろせるだけの有力候補もいなかったということで納得していただけたらと思います








ゼロ年代の音楽---壊れた十年
野田 努 三田 格 松村 正人 磯部 涼 二木 信
河出書房新社
売り上げランキング: 458,511
Pickup

おすすめ記事
関連記事



Comments

[ 1124 ] by
John Doe
 22:49 on 2014-01-05
なんだかんだ00年代はBUMPがデカいわな
スーパーカーナンバガは当然としてくるりは漏れたか
[ 1126 ] by
John Doe
 23:01 on 2014-01-05
この年代なら、知名度だけで考えるとチャットモンチーやらオレンジレンジがいてもいいと思うけどな
[ 1129 ] by
John Doe
 12:51 on 2014-01-06
なんでELLEGARDENがはいってこないの
[ 1130 ] by
John Doe
 13:04 on 2014-01-06
ELLEGARDENもRADもある意味
BUMPの後追いじゃん
これらは出すなよ
[ 1135 ] by
John Doe
 18:40 on 2014-01-06
なんでナンバガスパカが00年代になってんの?
97の世代って言われてるくらいなのに
[ 1140 ] by
John Doe
 21:44 on 2014-01-06
RADはいいとしてなんでエルレがバンプの後追いになんの
ちゃんと聴いたことないだろ
[ 1141 ] by
John Doe
 23:12 on 2014-01-06
tacicaになってるけど?修正された後かな?
[ 1147 ] by
John Doe
 09:38 on 2014-01-07
ACIDMAN...なんでないんだ
[ 1178 ] by
John Doe
 12:26 on 2014-01-11
エルレがバンプの後追いはひどいなw
エルレは7:3くらいの割合で英詞が多いし、音も全然違うだろw

それにエルレは暇さえあればツアー組んで、イベント出てってとにかく現場命のバンドだった。
タイアップメインのJ-POPに成り下がったバンドと同列に並べないでくれ。

あとこの中でいうと、ガガガSPとGO!GO!7188は若干弱い気がするな・・・

なら銀杏BOYZや既出のACIDMAN、AIR JAMバブル以降に独自の世界観を作り上げたBRAHMANなんか入れてもいいと思うけどな。

[ 1223 ] by
John Doe
 13:49 on 2014-01-18
ロキノン系ばかりでワロタ
でもこれが現実なんだよな
[ 1956 ] by
John Doe
 13:16 on 2014-03-21
90年代までに比べるとインパクトが弱いというか多様性が薄れた気もするが仕方ないのかな
[ 1961 ] by
John Doe
 22:57 on 2014-03-21
ホルモンとかフォロワー全然見ないから抜けよ
最近のバンド見てると影響力強いのはバンプとナンバガの2強だな
[ 3851 ] by
John Doe
 22:41 on 2014-07-20
2000年代だとナンバガ、アジカン
[ 5329 ] by
John Doe
 23:19 on 2014-09-18
ポルノグラフィティとかダメなのか
[ 7298 ] by
John Doe
 12:58 on 2014-11-23
あとガガガ入れるならゴイステか銀杏でいいのでは
[ 8519 ] by
John Doe
 23:22 on 2014-12-27
ピロウズはどうした?
HIPHOP勢とかにも全く触れられてないね
あと嘘つきバービーはゆら帝解散の結構前からやってるバンドだよ
[ 8649 ] by
John Doe
 02:13 on 2014-12-31
ガガガ入れるぐらいならオレンジレンジの方がマシ
[ 9629 ] by
John Doe
 21:51 on 2015-01-24
9mmと時雨は?
[ 11746 ] by
John Doe
 01:42 on 2015-03-21
エルレ信者は怖いなww
[ 21560 ] by
John Doe
 10:49 on 2015-12-08
相対性理論がないやん❗
[ 23087 ] by
John Doe
 10:50 on 2016-01-20
今の影響を考えるとアジカン、バンプの2強な気がする、ナンバガ、スーパーカーは90年くさいから抜くとしてだけど。
[ 38209 ] by
John Doe
 02:37 on 2017-01-12
たしかにやくしまるえつこ入ってないのは意外だな。


※コメント欄には禁止ワード(不適切な単語やhttpなど)が設定されています。また、管理人が不適切と判断したコメントは削除することがあります。
最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。