スポンサーサイト


Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サイケ】バッドトリップするアルバム集13【カオス】


Category バッドトリップするアルバム集
1601.jpg
177:   ID:HEbUcG5s

ブっ飛んだ人のためのブっ飛んだ音楽。






S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事


引用元: 【サイケ】バッドトリップするアルバム【カオス】



177:   ID:HEbUcG5s

ガーナ現地録音 / ドラムス・オブ・デス


ドラムス・オブ・デス

西アフリカ、ガーナで葬式の模様が現地録音されたリアル・トランス・ミュージック。
延々太鼓の大洪水。ブっ飛んだ人のためのブっ飛んだ音楽。

http://www.youtube.com/watch?v=efZ_tYUWjr0
Drums of Death: Field Recordings in Ghana - Parago





178:   ID:HEbUcG5s

池田亮司 / matrix


Matrix

ひたすらパルスが続くという10トラック。即座にトリップ。
二枚目は重低音で始まり、次第次第に中~高音域のサイン派や
ノイズが現れてリズムを織りなしていく。

http://www.youtube.com/watch?v=y5sgnn_3Dr8
Ryoji Ikeda - 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1





179:   ID:HEbUcG5s

MX-80 SOUND / Live At The Liberary


Live At the Library

70年代アメリカに突如現れた変態フリーク・アウト・アシッド・パンク・バンド
の初期ライヴ・アルバム。得体の知れない混沌としたパワーに溢れている。

http://www.youtube.com/watch?v=JztH9knvVb0
MX-80 Sound - Fascination


高柳昌行 / カダフィーのテーマ


カダフィーのテーマ

死の半年前に収録した、壮絶極まりないソロ・インプロヴィゼーション。
ギター4台と、様々な器材を駆使したすさまじい音響は、聴く者の意識を彼岸の彼方へ運んで尚余りあるほど強烈至極。





185: 名盤さん ID:RcaMQlUJ

Randy Holden「Guitar God」


no title


 ウェイン・クレイマー、ランディ・カリフォルニア、レイ・スティーブンスらは腹を切って死ぬべきだ。
 また、彼らはただ死んで終わるものではない。
 唯一神ランディ・ホールデンが地獄の火の中に投げ込む者達だ。
 彼らの支持者も同様だ。
 理由は他人を殺すなら自分が死ぬべきだからだ。
 詳しい理由はギター・ゴッドで熟知すべし。

20年以上ぶりの2作目でギターゴッドはないよね。熟成されたギター馬鹿。

http://www.youtube.com/watch?v=kxFP0thcdto
randy holden - wild fire





187: 名盤さん ID:iMzuE80c

サン・ラは最近イタリアで再発された
“Nuit de la Fondation Maeght vol.1”


がイイです。

Nuits de la Fondation Maeght, vol. 1

素っ頓狂なオルガンの音色と生恵幸子(人生幸朗の相方)を思わせる
ツッコミボイスが印象的な一曲目「Enlightment」や旧B面全てを費やす
サン・ラのムーグソロインプロ(他のメンバーはこのオッサンが
「アッチ」にイってる時は手が出せないみたいで、最後の最後で
やっとコレクティブ・インプロビゼイションになる)がス・テ・キ。

クルマを運転しながら聴くとクラクラしてくる。

http://www.youtube.com/watch?v=6BBzO-vferY
Sun Ra - Enlightenment





204: 名盤さん ID:XQaGHwXu

Fourth Way「The Far Side Of Your Mind」(Single)


 「a Heavy Does Of Lite Psych」というコンピから3分足らずの曲だけど、
 コラージュ入りいの、オルガン鳴りまくりいの、コスミックサイケ。
 フォースウェイっていうとジャズのエレキ・バイオリンのマイケル・ホワイトの、えっ?と思ったら、
 ただの同名異グループのようでした。
 映画「バーバレラ」の曲らしいんだけど映画観たことないし、サントラにも入っていない。
 これは一体なんだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=Gksgtt9KRkc
The Fourth Way - the far side of your moon.





207: 名盤さん ID:fo3PIwmN

Louis & Bebe Barron「Forbidden Planet」(O.S.T.)


Forbidden Planet: Original MGM Soundtrack

 何故、奇っ怪な音楽がこんなにもあるのか?そもそも音楽なのか?
 これは映画の伴演であるが故に答えは用意されている。
 そして何でこんなものを聴くのか?と逆に問いかけられる始末。
 映画は面白かったけど、サウンドエフェクトみたいな電子音だけで聴き通すのは辛い。

http://www.youtube.com/watch?v=qj6lUC6K4VQ
Louis & Bebe Barron - Forbidden Planet : Main Titles Overture


Eduard Artemyev「Solaris」(O.S.T.)


 72年公開のオリジナルの方。初期タンジェリンにも通じる絶対零度の世界。

http://www.youtube.com/watch?v=w3uVf8p-sgE
Edward Artemiev - Solaris Theme


Terje Rypdal「What Comes After」


What Comes After

 このアルバムで、初めて温もりのないジャズというのを聴いた。

http://www.youtube.com/watch?v=mdc7JHTBhEQ
Terje Rypdal "Icing"


水木しげる/森下登喜彦「妖怪幻想」


電子音楽イン・ジャパン 妖怪幻想 水木しげる

 妖怪の声をシンセで合成したという企画物。けっこう真面目に作ってある。念入りな馬鹿盤。

http://www.youtube.com/watch?v=AEuWTuHB7PM
森下登喜彦 - 妖怪幻想 水木しげる - 河童


50 Foot Hose「......Live And Unreleased」


ライヴ&アンリリースド(LIVE AND UNRELEASED)

 30年近く何をやっていたんだ?という95年の再結成ライブ。
 観客は60年代に置き去りにしてきた。なので歓声は入っていない。





211: 名盤さん ID:fpQflZ7N

クレヨラとは関係なく、何となくまた脈絡もなく

Sergius Golowin「Lord Krishna Von Golowin」


Lord Krishna Von Goloka

 独逸ばっかりに偏るのは何ですけど、また独逸。だって酷素晴らしいのが多いんですもん。
 独逸だからしょうがないか、とかろうじて許される勘違い野郎によるアシッドフォーク。
 なんかよくわからないけど自然の中で瞑想してます。クラウス・シュルツ参加。
 ところでまた「Satori」というタイトルの曲見つけました。Time Masheenがやってました。
 東洋かぶれを続出させたジョージ・ハリソンの功罪は大きい。
 ブッダ/カーマスートラなんてレーベルもありますね。
 あれはジョージハリソンがインドかぶれになる前からあったんでしたっけ?

http://www.youtube.com/watch?v=ZUclO6TwqIo
Sergius Golowin - Die weisse Alm [Lord Krishna von Goloka] 1972/1973





235: 名盤さん ID:cHLkU+jw

Operating Theatre「Rapid Eye Movement」


Rapid Eye Movement

 手術室のレム睡眠。ロジャー・ドイルという人のプロデュースと編曲で
 1曲目77年、2曲目78-80年、3曲目はボーナストラック91/92年作。
 オリジナルリリースは82年。しかし1曲の年代が跨るというのがよくわからない。
 ジャケットはナース・ウィズ・ウーンドのスティーブン・ステイプルトン画。
 冒頭のテープ逆回転が気持ちいいけど、後はナース・ウィズ・ウーンドっぽい。
 器物音や人声などが鏤められており、私、幻聴持ちなので
 こういうサウンドアート作品は確実にバッドになります。

http://www.youtube.com/watch?v=U-aUeJ5Fy6A
Operating Theatre - Fin-Estra





236: 名盤さん ID:cHLkU+jw

Nurse With Wound「Yagga Blues」


no title

 といいつつ私ナース・ウィズ・ウーンド好きで10枚くらい聴いているんですが、
 自分的にノイズにありがちな癇に障る音が無いのが良いんです。
 「Thunder Perfect Mind」なんかの、ヘッドフォンで聴いてると
 平衡感覚がなくなるような感じなんて玉乱ですね。外で聴くと危険。
 「Live At Bar Maldoror」にサイケデリックアンダーグラウンドという曲があるので
 なんとなくネタでそちらを紹介しましたけども、呪術的ということで
 こちらの方がスレ向きなのかな、と。
 本当は単に今聴いてるだけなんですけど。

http://www.youtube.com/watch?v=E-u4ryiH7xg
Nurse With Wound - Yagga Blues








Pickup

おすすめ記事
関連記事



Comments

[ 2438 ] by
John Doe
 01:01 on 2014-04-30
まだ続いてたのかwww
このシリーズ好きです
[ 2439 ] by
John Doe
 01:12 on 2014-04-30
どういう音楽遍歴を辿ればこういう音楽にたどり着くのか本気で興味あるわ
[ 2441 ] by
名無し
 16:56 on 2014-04-30
ちょっとパンチに欠けて来たな


※コメント欄には禁止ワード(不適切な単語やhttpなど)が設定されています。また、管理人が不適切と判断したコメントは削除することがあります。
最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。