スポンサーサイト


Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Power Push vol.4 『Call It Anything』


Category Power Push
2085.jpg
Power Push vol.4
異空間『Call It Anything』





S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事



エレクトロニカ・ポストロックを主軸にしつつもポストダブステップ寄りのエレクトロニカやヒップホップの要素、変拍子、60~70年代のブルースロックなどが組み合わさるバラエティ豊かな楽曲は、まさにジャンルレスの異空間。様々なものを取り入れながらもそこに違和感はなく聴き手をあっという間に引き込んでいく。難しいことは考えずに聴いて見て欲しい。『Call It Anything』の紹介。


『Call It Anything』

pushupiano123.jpg

作曲、プログラミング、演奏、エンジニアリングを全て一人で宅録。2012年1月からネット上にて音楽活動開始。
Jimi HendrixやRadiohead,SquarePusher Aphex TwinやRei Harakamiに影響を受けた優柔不断で重みがあるブレイクビーツに叙情的で美しさを表現したピアノのメロディーが鳴るエレクトロな楽曲やアウトサイダーアートを連想させるインスト系ヒップホップ。
60~70年代のブルースロックと2000年代以降のエレクトロニカを配合した開拓心あふれる楽曲等を発信中。
2012年の12月28日にて開催された株式会社クレオフーガ主催のクレオフーガアワード2012にて自身の楽曲「雨粒見たくドア叩く」が応募数1500曲の中から最終選考に選ばれる。
2013年11月からライブ活動を開始。
埼玉は大宮に位置するヒソミネにて初のライブを行う。また11月3日には10日間で10万人を動員する大規模なアートイベント「東京デザイナーズウィーク2013」にて音楽プロデューサー亀田誠治氏の推薦枠として明治神宮外苑にて自身の楽曲を鳴らす。
現在はライブ活動を行うためのメンバー探しと同時に楽曲販売を開始。




-PickUp Song-

『迫り来る残響。』


ジェイムズ・ブレイクのThe Wilhelm ScreamとスクエアプッシャーのIampic 9 Poetryを聴きこんで両者を自分なりに組み合わせた曲。
極少のノイズ音から始まり、ブレイクビーツのみの演奏からシンセサイザーやギターが段々と重なり叙情的なピアノのメロディーがループし続けます。
後半に進むにつれてどんどん増していく過剰ともいえる残響感と疾走感あるビートが加えられ、より壮大な感じが演出されているかと思います。


http://soundcloud.com/call-it-anything-2/aqqn0hh35xez



『非現実なヒップホップ MC不在』


迫り来る残響の作風をヒップホップ形式にしてアウトプットした作品。
ヒップホップというと毛嫌いしてしまう人達にこそ聴いてほしいです。
この曲には黒人の猿真似をするMCはいません。ヒップホップ特有のDQN的恐さもありません。
ソウルフルな歌声とオペラ。行進の様に規則正しくループするヒップホップビートとギターアルペジオ
スクラッチ音が混在した聴きやすいヒップホップ的な「何か」です。


http://soundcloud.com/call-it-anything-2/mc-1



『現代の青』


ジミ・ヘンドリックスやクリーム、レッド・ツェッペリンといった60~70年代のブルースロックを
現代のエレクトロニカと融合させて新しいジャンルを開拓できるか?
という実験を試行錯誤して出来た曲です。ブルースシンガー風のボーカルと
エレクトロなビートが鳴り後半のギターソロでは強烈なフィルターエフェクトを加えたブルースロックな
ギターが展開されます。オリジナリティを追求したいという作曲者の思いが最も込められた曲です。


http://soundcloud.com/call-it-anything-2/0lisdjqs4iqg



『茎の再生』


初の作詞を試みた作品です。元になった楽曲を9割がた崩して再構築。所々に変拍子を導入し、なおかつ音数を少なめにすることで浮遊感を演出。
冒頭はボコーダーがメインですが途中からギターの鐘の様なハーモニクス音が主役になっていき再度ボコーダーが登場。再びギターのメロディが主軸になるというアレンジを施してインスト特有の退屈さを払拭してみました。歌詞の内容は自分がニート特有の孤独感を経験したり創作活動のスランプに陥った状態からの脱却がテーマ。最後のエンディング部分はどんでん返しあり。


http://soundcloud.com/call-it-anything-2/xa590ty74lno




音源を購入、ダウンロード


フリクルでは楽曲を無料DL配信中です!
気に入った方は是非!

フリクル:http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything
BandCamp:http://callitanything1.bandcamp.com/album/--4



アーティスト情報


HP:http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything
Twitter:http://twitter.com/C_I_A1986
ご意見や感想はもちろん作曲依頼・ギターのRECの依頼も行なっているそうなので↓まで連絡を!
連絡先:okcomputer1969@yahoo.co.jp



今後の活躍に期待!!


当ブログでは夢を持ったアーティストの方々を応援していきます!そこであなたの素敵な楽曲を当ブログで紹介させてもらえませんか?詳しくわこちらまで。



おすすめ音楽記事
Power Push vol.2 『1974』
Power Push vol.3 『テレカ』
Power Push vol.1 『The Marbles Jackson』






Pickup

おすすめ記事
関連記事



Comments

[ 5025 ] by
John Doe
 00:12 on 2014-09-05
好き
[ 5032 ] by
John Doe
 01:59 on 2014-09-06
すげーいいんだけど人気はでないよね
悲しいけど


※コメント欄には禁止ワード(不適切な単語やhttpなど)が設定されています。また、管理人が不適切と判断したコメントは削除することがあります。
最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。