スポンサーサイト


Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のロック隠れた裏名盤


Category Rock全般
2896.jpg
7: 名無しさん@お腹いっぱい。

おもろい!





S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事


引用元: 2ちゃん版日本オルタナ・ロック隠れた名盤



9:

書き方だけこんなかんじ↓

アーティスト名:OOO

アルバム名:OOOOO

コメント&その後の影響:OOOOOO‥(誰かがパクってるも可)





7: 名無しさん@お腹いっぱい。

おもろい!





10: 名無しさん@お腹いっぱい。

だれ:かまやつひろし
なに:ムッシュー


ムッシュー / かまやつひろしの世界

ムッシュの1st。
そもそもロックであるのならオルタナティブかそうじゃないかを
分ける必要がないわけで、そういう阿呆な分類をぎゃふんと言わせる
パワーをたんまりもっているロックの中のロック。
パクリなんか気にするな。

http://www.youtube.com/watch?v=fu_z1EVk264
どうにかなるさ かまやつひろし 70年代ライヴ





24: 名無し娘。

HIGH RISE
「DISPERSION」


DISPERSION

日本を代表するサイケデリックバンド
といっても日本のアンダーグラウンドの強力なバンドの
多くは日本よりも海外で売れてしまうことが少なくない
ようでこのバンドも最近、日本ではほとんどライブをやらない。

とにかく成田の高速&ヘヴィーなギターは
死ぬ前に1度ぐらいは聴いておけ

http://www.youtube.com/watch?v=Z8ZoXvs4TBw
High Rise - Mainliner





25: 名無し娘。

三上寛
「jazz、その他」


no title


日本を代表するフォークシンガーなのだが
90年代にはいってからのアルバムはどれも面白い。
アコギではなくエレキギターによる弾き語りなのだが
このギターがなんといえばいいのかカッコイイのである。





26: 名無し娘。

ホワイトヘブン
「OUT」


アウト

ゆらゆら帝国のプロデュースもやってる
石原洋がリーダーだったバンド。何枚かアルバムだして
るみたいだけど現在1stしか手にはいらないようだ。
ヘヴィーなサイケデリックバンド。

http://www.youtube.com/watch?v=1_1OYiNm1Hc
White Heaven - (1991) - Fallin' Stars End





27: 名無し娘。

不失者
「live」


Live

言わずと知れた最強ロックバンド。
なぜなのか分からないが日本の優れたアーティストは
日本より先に海外で有名になるパターンが多い。
このバンドも海外の有名ミュージシャンの口からでなかったら
日本の雑誌で扱われることはなかったのでは・・・
昔の「フールズメイト」を除いて・・・と思えてくる。

http://www.youtube.com/watch?v=LLhdWZZWzWU
Fushitsusha [不失者] - Acchi [あっち]





28: 名無し娘。

高柳昌行
「call in question」


no title


いまでこそノイジーなギターを弾くミュージシャンは多いが
元祖&本家ノイズギターの高柳や灰野敬二を超えるギタリスト
は出ていない。
まだフリージャズをやってた頃の高柳のニューディレクションの
ライブ音源だがとにかく凄まじい。どこがジャズなのか
わからないぐらいのが凄い。

http://www.youtube.com/watch?v=Lq7EeXL2uJk
Masayuki Takayanagi - Extraction from "Call In Question"





30: 名無し娘。

浅川マキ「BLACK」

BLACK-ブラックにグッドラック

浅川のアルバムはどれも素晴らしいが一番ロック色の強いのが
多分このアルバム。
池畑潤二、下山淳、奈良敏博の80年代JAPロックファンには
たまらない連中との共演。下山もこのアルバムでの
演奏がいままでの自身のベストと言ってた。





103: 名無し募集中。。。

>>30
「black」は2枚組でもう一枚のほうには渋谷毅、本多俊之参加の
30分を超える曲「無題」が収録されている。

浅川マキのベスト「DARKNESSⅠ~Ⅲ」はお薦めだ。





31: 名無し娘。

LIZARD
「LIZARD」


リザード

添野義三の士道館空手の使い手でありストラングラーズの
ベーシストでもあるジャン・ジャック・バーネルが
プロデュースしたアルバム。キーボードを加えたパンクロック
サウンドが特徴。

http://www.youtube.com/watch?v=Q55UElvY0bo
Lizard リザード - T.V. Magic (1978)





32: 名無し娘。

FRICTION
「軋轢」


軋轢

いわずと知れた最強ロックバンド。
どこを斬ってもフリクションな唯一無比の演奏。

http://www.youtube.com/watch?v=xIyVLzt5jUg
FRICTION - Crazy Dream (1980)





33: 名無し娘。

Phew
「秘密のナイフ」


no title


なぜか評論家の行川和彦がコーラスかなんかで参加
してる4thアルバム。

デビュー曲の「うらはら」だったか「終曲」だったか忘れたが
戸川純がカバーしたようだ。オリジナルは
坂本龍一の「B-2ユニット」っぽい音。といっても
プロデュースが坂本だからしょうがない。

http://www.youtube.com/watch?v=kb_My2XXeqY
Phew - himitsu no knife





34: 名無し娘。

近藤等則IMA
「TOKYO ROSE」


no title


フリージャズの大御所、近藤は80年代にロック、ポップス
に転向。そして最強のメンバーを集めて(レック、富樫春生、
酒井泰三、山木秀夫)作った最強の名作がこれ。
ヒップホップサウンドに乗せて近藤の人をバカにしたような
トランペット、ヴォーカルが炸裂する。この頃の近藤は
とにかく曲が良かった。
ライブアルバム「カミカゼブロウ」もレックのgと
近藤のtpがやたらカッコイイ。

http://www.youtube.com/watch?v=3biCpNsHB4Q
Toshinori Kondo IMA "China Demonstration" Promo Clip





35: 名無し娘。

YBO2
「alienation」


no title


とにかく雑誌でたとえれば80年代の「フールズメイト」
な音楽。最狂プログレロック。

http://www.youtube.com/watch?v=ovurLMg4qjM
YBO2 - Ural





36: 名無し娘。

GHOST
「SECOND TIME AROUND」


Second Time Around

各種民族楽器をあやつり不思議な音響を奏でるバンド。

http://www.youtube.com/watch?v=ClBMql0F8Kg
Ghost-Second Time Around





37: 名無し娘。

友川かずき
「一人盆踊り」


一人盆踊り

石塚俊彦のパーカッションと今は亡き吉澤元治のベース
が美しいにもほどがあるアルバム





38: 名無し娘。

黒百合姉妹
「月の蝕」


月の蝕

聖歌っぽい歌がなかなかいい味を出してる。感動できる。

http://www.youtube.com/watch?v=s04YHdwtY5c
黒百合姉妹 - Nu Alrest





110: 名無し募集中。。。

>>38
juli et lisa
「all things are quite silent」
も美しい名作だ。





39: 7・4・3・ダァーッ!

赤痢
「Three」


no title


最初の頃は普通のパンクバンドって感じだったが、
このアルバムでかなり化けた。
やる気のない系ハードロックの頂点。

http://www.youtube.com/watch?v=EQihQwhHzcc
赤痢 はうる音





40: 7・4・3・ダァーッ!

エンジェリン・ヘヴィ・シロップ
「Ⅳ」


no title


サイケ&プログレって感じのバンド。
幻想的なヴォーカルとスペイシー&ノイジーなギターが
からみあう。

Vo&BのミネコとJOJO広重らのユニット「スラップ・ハッピー・
ハンフリー」も名作。全曲、森田童子のカバー。泣ける。

http://www.youtube.com/watch?v=a3pckDDx77s
Angel'in Heavy Syrup - First Love





41: 7・4・3・ダァーッ!

岸根光
「異形の哀しみ」


no title


JASTY NASTYのベーシストのソロアルバム。
デビッド・シルヴィアンの音楽を谷底に蹴落としたかのような
暗くて静かな曲のオンパレード。
ピアノとベースに胡弓などが加わった沈んだ音がかなり激渋。
下手なアングラ・アーティストよりカッコイイから始末におえない。
しかし今、彼は何をしているのだろうか。

この板でもヴィジュアル系アーティストは嫌われているようだが
確かに彼らのチャラいルックスを見れば馬鹿にしたくなる
気持ちもわからないわけではない。
だがヴィジュアル系アーティストのなかにはこの岸根光のような
とんでもない男もいるのである。
このアルバムを聴けばいかに彼がバンド(JASTY NASTY)で
無理をしていたかがわかる。

http://www.youtube.com/watch?v=7wlPq_2vJPM
boy's breath 異形の哀しみ 岸根光 JUSTY NASTY





42: 7・4・3・ダァーッ!

非常階段
「KING OF NOISE」


King of noise+1 NOISE REMASTERED EDITION

「ファン・ハウス」の頃のストゥージスがフリー演奏をしたら
こうなるのだろうか。ノイズ王、非常階段の代表作。

http://www.youtube.com/watch?v=1WCX1rQw1_Q
02 - Tod Dem Marxismus (King Of Noise, 1999) - 非常階段





43: 7・4・3・ダァーッ!

頭脳警察
「2nd」


頭脳警察セカンド(紙ジャケット仕様)

日本語のロックの元祖ははっぴいえんどではなく、
頭脳警察であることはこのアルバム聴きゃわかる。

http://www.youtube.com/watch?v=Ao6Yyz6nEYo
さようなら世界夫人よ





45: 7・4・3・ダァーッ!

高柳昌行・阿部薫
「解体的交感」


解体的交感

最も狂暴だった頃の高柳と阿部が延々と狂った音を
放ち続ける。たいていのノイズのアルバムは30分ぐらい
聴いてるとダルくなってくるが、この「解体的交感」は
最後まで異常にテンションが高い。凄すぎ。





46: 7・4・3・ダァーッ!

割礼
「ゆれつづける」


ゆれつづける(紙ジャケット仕様)

のろのろっとした感じの音が
心地よいバンド。トロくて美しいという点ではこのバンドの
右にでる者はいないだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=ikrSMwwPjrE
割礼 - 電話の悪魔





47: 名無しさんって優香

V.A
「殺害サドンデス」


殺害レーベルからのデビューを目指し、世界中のクズバンド
が集結。バンドの名前を見てるだけでも頭が痛くなってくる。
大日本意識革命軍狂暴やタイのハードコアバンドなんかが
とくに素晴らしい。
他のバンドも笑えるが当時の時事ネタが多いため(「きくぜ!」、
維新力、オウム、板尾など)今、聴くとわけがわからん曲が
多数有り。





48: 名無しさんって優香

ガスタンク
「デッド・ソング」


DEAD SONG

メタル!ハードコア!パンク!
森田じみい(DOLL元編集長の妻、漫画家)!
文句のつけようがない名作。

http://www.youtube.com/watch?v=Al5HKtx8SmY
GASTUNK





49: 名無しさんって優香

オート・モッド
「デストピア」


デストピア-35周年記念EDITION-

アサイラムの「クリスタル・デイズ」と並ぶ、ビジュアル系ロック
の教科書的アルバム。

http://www.youtube.com/watch?v=TouLKHa97yI
AUTO-MOD - DEATHTOPIA





51: 名無しさんって優香

DOOM
「ヒューマン・ノイズ」


HUMAN NOISE

諸田コウは偉大だった。

http://www.youtube.com/watch?v=aOJTB6PmfEI
Doom - Human Noise - 03 - The Stupid Man





52: 名無しさんって優香

叫ぶ詩人の会
「虹食い」


虹喰い

アルバム出すごとにテンションが下がっていった彼らだが
この1stはヘビィロック&詩の朗読が見事に融合した名作。

http://www.youtube.com/watch?v=wcqpNHRtWCA
抱きしめたい - 叫ぶ詩人の会





53: 名無しさんって優香

ZENI GEVA
「内破」


実に暑苦しいヘヴィ&ノイジーなギター、ドラムと
絶叫ダミ声ヴォーカル。
「AUTO BODY」「SHIRUSHI」など名曲多し。

http://www.youtube.com/watch?v=-6X9uy0aELM
Zeni Geva - "Autobody" live @ Supersonic 2012





54: 名無しさんって優香

V.A
「N・O・S」


特に名作というわけではないが、元リップクリームのPILL
のオーガニッシュ・オーガニズムの
「オマエらいつもわかりやすい言葉で生きていやがって
自分の言葉を持ってないんだったら持ってないと言ってみろ
クソッタレ・ロック野郎に吸わせる空気なんか何処にも
ありゃあしねえ」
というクソ長いタイトルの曲はハードコアファン必聴の名曲。
デスサイドのチェルシーのプログレ・ロックや元アサイラムの
GAZELLEのアカペラ、横山SAKEVIの怪しげな
民族音楽?のサンプリング攻撃が聴けるかなりマニアック
なオムニバス。

http://www.youtube.com/watch?v=jkgEe4-x34I
OGREISH ORGANISM/オマエらいつもわかりやすい言葉で生きていやがって自分の言葉を持ってないんだったら 持ってないと言ってみろ・・・





56: 名無しさんって優香

巻上 公一
「殺しのブルース」


殺しのブルース(紙ジャケット仕様)

超歌謡シリーズの2作目。プロデュースはジョン・ゾーン。
ゲストが豪華でロバート・クワイン、大友良英、マーク・リボー、
マシュー・スイート、ナナ・ヴァスコンセロスなど。
極めつけはミック・ハリス、ビル・ラズウェル、ジョン・ゾーンの
ペイン・キラー&灰野敬二が参加の
ジャックスの「マリアンヌ」のカバーは圧巻。





59: 名無しさん@お腹いっぱい。

マッド・モンゴルズ
「CRIPPLE SATAN SCREAM」


Cripple Satan S

日本を代表するサイコビリー・バンド。
ちょっとB級ビジュアル系バンドっぽいが、それがイイのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=gm2ImcCp4lg
Blood of Dracula's Castle-MAD MONGOLS





60: 名無しさん@お腹いっぱい。

ヤマジ・カズヒデ
「CRAWL」


no title


ヤマジのソロの2作目。実験的な要素が強いが
後のdip(初期の頃)につながる超重要作品。





61: 名無しさん@お腹いっぱい。

思い出波止場
「水中JOE」


水中JOE (HQCD)

様々なジャンルの音楽を食い漁りなんだかよくわからない
謎の音楽となってしまった。でも基本はポップス。
能天気なノリがいい。
最近の山本精一関係では羅針盤が面白い。こちらは
さらにポップス色が強い。

http://www.youtube.com/watch?v=Buvfu0inOec
22次元(22jigen)ー 想い出波止場(omoide hatoba)





62: 名無しさん@お腹いっぱい。

くじら
「たまご」


たまご

後に「くじらドラゴンオーケストラ」と名前を変えたが現在は
消滅したものと思われる。
杉林の詩、歌を聴いてるだけで力が抜ける。
不思議度指数では80年代のバンドの中でも屈指。





63: 名無しさん@お腹いっぱい。

ロマンポルシェ
「暴力大将」


暴力大将

アントニオ猪木&梶原一騎&真樹日佐夫&大山倍達を
否定する&理解できない者はロマンポルシェを語る資格なし。
特に某腐れヒップ・ホップグループの批評で梶原の名を
だしたJ-POP誌なんとかという本はクソとしかいいようが
ない。

http://www.youtube.com/watch?v=s-0X4PtZ5n8
ロマンポルシェ/説教 ~ 説教





64: 名無しさん@お腹いっぱい。

りりィ
「ラヴ・レター」


ラヴ・レター

この頃からりりィはバンド・サウンドにこだわり始める。
強力なバックに支えられて歌う「しあわせさがし」は
名曲ダーッ。

http://www.youtube.com/watch?v=7pDrvW8nXnY
しあわせさがし - リリィ





65: 名無しさん@お腹いっぱい。

ナーヴ・カッツェ
「うわのそら」


うわのそら

ガレージ&エレ・ポップ&ギター・バンド。
楠均、INORAN、アンディ・マッケイ、フィル・マンザネラ
遠藤遼一、Asa-changといった超豪華ゲストを迎えた
力作。

http://www.youtube.com/watch?v=RSM0SLXST6A
Nav Katze "Never Not"





66: 名無しさん@お腹いっぱい。

小川美潮
「ウレシイノモト」


ウレシイノモト

近藤達郎、青山純、成田忍が参加の強力アルバム。
まあ音は上のメンバー見れば想像つくだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=IceOKx9_XwA
『走れ自転車』小川美潮 (Run; a bicycle - Mishio Ogawa)字幕付





67: 名無し娘。

ビブラストーン
「ナショナル」


no title


近田春夫のヒップ・ホップ・グループの傑作。

http://www.youtube.com/watch?v=ADHHdA48zDo
ビデオじゃつまんねぇ VIBRASTONE





69: 名無し娘。

ルインズ
「BURNING STONE」


Burning Stone

ご存知、吉田達也のグループ。ドラム&ベースの2人による、
屈折ロック大会。

http://www.youtube.com/watch?v=mDUNQKEwRQM
Ruins - Zasca Coska





70: 7・4・3・ダァーッ!

カルメン・マキ&OZ
「カルメン・マキ&OZ」


カルメン・マキ&OZ

ハードロック&プログレ歌謡の超名作。
カルメン・マキのヴォーカルはマジでスゴイ。
「私は風」は説明不要の名曲。
深町純、成瀬喜博がゲスト。

http://www.youtube.com/watch?v=HLEQCKVfy44
カルメン・マキ&OZ 私は風'76





71: 7・4・3・ダァーッ!

マゾンナ
「SUPER COMPACT DISC」


no title


様々な雑音の破片を切り貼りして作られた超絶ノイズ。
めまぐるしく変化するノイズを聴いてると私、飛んじゃう。
最近はエンジェリンの戸田とのサイケ・ユニット、
クリスティーヌ23ONNAが超注目。





72: 7・4・3・ダァーッ!

坂田明
「サイレント・プランクトン」


Silent Plankton

ビル・ラズウェル、アイーブ・ディエン参加のやたら
ドラマチックなアルバム。





73: 7・4・3・ダァーッ!

土屋昌巳
「HORIZON」


no title


清水靖晃との共同プロデュースによる、至高のアルバム。
緻密なサウンド&変拍子&リズムチェンジ連発
&くじらの杉林の詩&土屋のギター全開の危険なポップス。
仙波清彦、ミック・カーン、デヴィッド・パーマー、清水一登、
松武秀樹らが参加。

http://www.youtube.com/watch?v=pGcLaJRjZew
Masami Tsuchiya - Horizon





74: 7・4・3・ダァーッ!

突然ダンボール
「成り立つかな?」


成り立つかな?

ギター&ドラムによるお気楽人力テクノというかなんというか・・な
平らなノリのニューウェイブ・サウンド。

http://www.youtube.com/watch?v=fKFCTO8AbLg
Totsuzen Danball [突然段ボール] - 介添人の希望すること (1981)





75: 7・4・3・ダァーッ!

SOB階段
「NOISE、VIOLENCE&DESTROY」


NOISE VIOLENCE AND DESTROY

名前を見てのとうりSOBと非常階段の合体ライブアルバム。
ゲストは林直人、山塚アイ。
内容はアルバムタイトル見ればわかる。

http://www.youtube.com/watch?v=--tIp6ziFnA
S.O.B.階段 - Noise, Violence & Destroy





76: 7・4・3・ダァーッ!

マリア観音
「背徳の扉」


町田康(町蔵)みたいに、やたら聞き取りやすい日本語で
歌うヴォーカルが笑える。

http://www.youtube.com/watch?v=wyJA1mlHkMw
マリア観音 - 病床





77: 名無しさんって優香

ヤン富田
「MUSIC FOR ASTRO AGE」


ミュージック・フォー・アストロ・エイジ

なんとジョン・ケージの「4’33”」のカヴァーも聴ける
なかなかのクレイジーぶりが嬉しい、トランシーなアルバム

http://www.youtube.com/watch?v=BqaXoGjjn_c
Yann Tomita - C-Ya!





78: 名無しさんって優香

RUBY
「黒い地球儀」


黒い地球儀(紙ジャケット仕様)

柴山俊之、藤沼伸一、野島健太郎、奈良敏博、池畑潤二に
よる男臭漂うロックバンド。男、男、男。暑苦しい。

http://www.youtube.com/watch?v=IsnWbFnYIbE
Ruby POISON.wmv





79: 名無しさんって優香

E・D・P・S
「EDGE OF DREAM」


Edges of Dream(紙ジャケット仕様)

恒松正敏の騒音ギターが冴えまくる。

http://www.youtube.com/watch?v=RG5myIMUniw
ALL OF THE NIGHT(E.D.P.S)





80: 名無しさんって優香

遠藤ミチロウ
「空は銀鼠」


アコースティック・ソロ・アルバム。
「お母さんいい加減あなたの顔は忘れてしまいました」の
アコースティック・ヴァージョンはジンジンくる。

http://www.youtube.com/watch?v=gPerIDHPnmE
遠藤ミチロウ / お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました





81: 名無しさんって優香

アレルギー
「アレルギー作用」


宙也の耽美派パンクバンドの傑作。

http://www.youtube.com/watch?v=0OwB0RJUPwc
ALLERGY - Tokyo Frustration (LIVE)





82: 名無しさんって優香

酒井泰三
「EAT JUNK」


no title


当時、近藤・IMAにいた頃に出したソロアルバム。
ジミヘンのつもりがほとんどデスメタルと化したヴォーカルが
唸る。ギターのカッコ良さに関しては言うまでもない。

http://www.youtube.com/watch?v=pcxCmnnDww4
TAIZO SAKAI I want take youHIGHER





83: 名無しさんって優香

鈴木賢司
「PURE ELECTRIC」


PURE ELECTRIC

これも個性派ハードロックギタリストのギター大会。
高木完、藤原ヒロシ参加のヘヴィ・ロック曲や高中正義チックな
ギター・インスト曲などがイイ。

http://www.youtube.com/watch?v=lt8_97OC-v0
NEW SPORTS





84: 名無しさんって優香

山木秀夫
「シャドウ・ラン」


清水靖晃、ビル・ラズウェル、ジンジャー・ベイカー、
近藤等則、バーニー・ウォーレル、アイーブ・ディエン、
リュウ・ホウジュン、フォディ・スサ・ムソ参加の
アルバム。
なにかと評判よくないビル・ラズウェルだが日本人アーティスト
との共同プロデュースでは確実に名作を残している。
山木とベイカーのドラム・バトルも聴ける

http://www.youtube.com/watch?v=0p5rs6hj0rk
Hideo Yamaki Gri Gri





86: 名無しさん@お腹いっぱい。

YBO2
「大蜩琳」


no title


ひょっとしてYBO2の最高作では、と思える大アングラロック
バトル。元ホワイトヘブン、最近はスターズで活躍の
超絶サイケギタリスト栗原道夫、ディフェランスのキシザワ、
ZOAの森川誠一郎、そしておなじみ北村昌士がメイン。
暴走サイケデリックのオンパレード。
吉田達也、K・K・NULLが参加した「ドグラ・マグラ」
は超爆裂ノイズと化してなにがなんだか分からない。
もう最高。

http://www.youtube.com/watch?v=qabtiqRKec0
YBO2   -   Dogla Magla





87: 名無しさん@お腹いっぱい。

メルト・バナナ
「CACTUSES COME IN FLOCKS」


Cactuses Come in Flocks

個人的にハードコアの作品は録音がぐしゃぐしゃしてる方が
好きなのでコレ。初期作品集。

http://www.youtube.com/watch?v=Bt-18F5VNjw
Melt Banana - Interval





88: 名無しさん@お腹いっぱい。

コーパス・グラインダーズ
「録音鬼」

コーパスの初期ライブ音源集。ギターがうねる、叫ぶ、走る。

http://www.youtube.com/watch?v=50VMOwhUXWM
Copass Grinderz - Cobra





93: 名無しさん@お腹いっぱい。

HAL FROM APOLLO '69
[hal from heaven]


hal from heaven

最近のはちょっとデジロックとかいって聞きずらい感じだけども、これはけっこう
名曲ぞろいで聞きやすいと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=BEZdHudPANU
「Booster」 HAL FROM APOLLO '69 (「ブースター」 ハル・フロム・アポロ '69)





98: 名無し募集中。。。

マヘル・シャラル・ハシュ・バズ
「from a summer to another summer」


From A Summer To Another Summer

少し軽いサイケ・ロックに現代音楽っぽい要素が入ってる。
そんな感じ。工藤冬里についての情報求む。

http://www.youtube.com/watch?v=quEvcym2JXo
Maher Shalal Hash Baz - Great Gothic Country Song





100: 名無し募集中。。。

VA
「インスピレーション&パワー14」


インスピレーション&パワー(紙ジャケット仕様)

日本現代音楽最重要作品のひとつ。
評論家の副島輝人らの企画によるフリージャズ大祭。
吉澤元治、沖至、富樫雅彦、佐藤允彦、高柳昌行、山下洋輔
その他大勢が参加のライブアルバム。
沖至のレコードは入手困難なのでこのCDで演奏を聴くしかない。
といってもこのCDも簡単には入手できないが。

http://www.youtube.com/watch?v=xWgtes-dUbA
ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツ - 集団投射





101: 名無し募集中。。。

VA
「弁天弁当」


弁天弁当

ガールズバンドのCDを売ってる弁天レーベルのオムニバス。
ロリータ18号、The Framenco a Go Go、ヌードルスらが登場。
その他のバンドは当時流行の腐れグランジロックバンドのモロパクリ
で少しウンザリさせられる。アルバムの最後は山塚アイにも
衝撃を与えたSUPER BALLのわけのわからない演奏で幕を閉じる。





104: 名無し募集中。。。

猛毒
「松ぼっくり」

過去の名曲の再録音だが、よりパワフル&ノイジーでバカさ加減が
増幅されている。「福留デストロイ」や「サイババ」がいい。

http://www.youtube.com/watch?v=pC3XV2RX_7M
猛毒-福留デストロイ





105: 名無し募集中。。。

四人囃子
「一触即発」


一触即発

これも日本ロック名盤で知られているが、今聴いても衝撃だ。
このアルバムにおける詩や森園勝敏のギター、ヴォーカルなんかは
もっと評価されていいのでは。
ゲストに石塚俊明。CDには佐久間正英加入後のシングル曲を追加
収録。

http://www.youtube.com/watch?v=t8ioWnSwsnI
四人囃子 - 一触即発 Live 1975





107: 名無し募集中。。。

花代
「真っ赤なしずく」


ロリータ歌謡の傑作。三宅純プロデュース。
富樫春生、窪田晴男、村上秀一らが参加したアルバム・タイトル曲は
歌謡史に残る名曲だと私は勝手にそう思ってる。
しかしロリ系ポップは今まで結構あったがこのアルバムも含めて
口リコン連中を口リ口リ気分にさせてくれる作品はあまり無いのは
なぜだろうか。

http://www.youtube.com/watch?v=RAkF40tQGag
まっ赤なしずく 花代 hanayo





111: 名無しの歌が聞こえてくるよ♪

五島良子
『シアンの羽根』


シアンの羽根

全編、唯物論で語られていて清清しい。サウンドも楽曲の構成力も、
なにより歌唱力が素晴らしい。6オクターブは軽く超える驚異の
声域を誇示する事もなく、さり気ないスキャットで泣かせてしまう。
彼女のライブでは、たくさんのシンガーやミュージシャンを見かける
けど、普通のお客さんが少ないのはナンデ?
天才肌で実力も兼ね備えた女性なんて、日本では彼女以外に確認でき
ない。
も一つ、スゲーいい女なのにジャケットに顔をださないのは何故?

http://www.youtube.com/watch?v=epio0jOGt5o
五島良子 / ムーンライト・ララバイ





116: 絶喜絶楽

頭脳警察
「誕生」


誕生(紙ジャケット仕様)

頭脳警察の歴史の中では比較的地味な印象を受ける
アルバム.だがこのアルバムにはPANTAのニヒリズム,
男の美学が感じられる.ロックとは?男とは?と感たい奴に
聞かせてやりたい.





118: 名無し娘。

サボテン
「目覚める」


目覚める

Vo&G、B、Drの女3人組バンドであること以外、詳しいことは知らない。
なんとなく突然ダンボールっぽい、スカスカした感じの演奏が実に
心地いい。PHEWみたいな曲も有り。

http://www.youtube.com/watch?v=5OPf9s9PVsE
サボテン [Saboten] - 低い椅子





119: 名無し娘。

吉沢元治
「割れた鏡または化石の鳥」


割れた鏡または化石の鳥

間章プロデュースのファースト・ソロ・アルバム。
当時の他の日本人インプロヴァイザーがかなり発狂しまくった演奏を
していた中で吉沢の演奏には優しさが感じられる。
吉沢のアルバムの中では分かりやすい内容、というか。





126: 名無し募集中。。。

深町純
「ある若者の肖像」


ある若者の肖像

71年発売のスケールのどでかい歌謡ロック。
井上陽水、カルメン・マキ&OZ、大橋純子等のレコーディングに参加した
キーボード・プレイヤーのデビューアルバム。寺川正興、日野元彦等が
ゲスト。深町が歌、作詞、作曲、編曲、指揮、ピアノの演奏を行っている。
とにかく曲とピアノの弾き語り、が素晴らしい。
それだけだ。





129: 名無しの歌が聞こえてくるよ♪

デフ・マスター
「DESTROYER HAS GODMIND」

いかにもインディーらしい安っぽくて攻撃的な打ち込みビートに
藤田タカシのハードなギターが襲い掛かる
インダストリアル系サウンドの名盤。
ZOAの黒木やココバットのメンバーも参加。

http://www.youtube.com/watch?v=Na8RjW2cioA
Def.Master · Gastrey





131: 名無しの歌が聞こえてくるよ♪

フェダイン
「LIVE」


LIVE

ドイツ・メールス・ニュージャズ・フェステバルに参加したときのライブ録音。
川下直広のサックスが叫び、不破大輔の高速&ぶっといベースがうなり、
大沼志郎のドラムが暴れる。狂ってはいるけど、バンドの一体感もある、
いかにも日本のバンドらしい演奏。後半ゲストで泉邦宏、全力オ●ニーズの
カズ中原も参加。





133: 名無しさんって優香

静香
「天界のペルソナ」


天界のペルソナ

三浦静香と三浦真樹による暗ーいサイケ。
このアルバムを聴いたあとにUKサイケバンドの
TELSTAR PONIESの
「VOICE FROM THE NEW MUSIC」
を聴いてみろ。もろ静香というか日本のアンダーグラウンド
のパクリ。ドラマチックな曲構成はもろ静香だし、
ギターなんかもろ三浦真樹か灰野敬二か栗原ミチオ。
すげーぞ。なんてったって「SHIZUKA」っていうタイトルの曲が
あるくらいだからな。おまけにライナーノーツの曲解説には
灰野敬二の言葉の引用まであるときたもんだ。
静香のアルバムよりこちらのアルバムをお薦めしたい。
持ってない奴は今すぐ輸入盤店に直行しろ。
今は海外のバンドが日本のロックをパクる時代なのである(嘘)。

http://www.youtube.com/watch?v=EVAjBe8xO0I
静香 - パンドラの匣





147: ないしょのエンペラーマジック

たこ「TACO」

タコ

町田町蔵や遠藤みちろう、坂本隆一等の有名な人たちがなぜか山崎春美の
呼びかけのもと集まった作品。
詩の内容はめ●ら、つ●ぼ、か●わ、非●など放送禁止用語のオンパレード、
音楽面も、テクノあり、パンクあり、ピアノによるインストゥルメンタル等なんでも
ありで、80年代初期のドロドロしたアンダーグラウンドシーンの空気をリアルに
感じる事が出来る。

http://www.youtube.com/watch?v=V66eWNGoilc
タコ - きらら





157: 名無しの歌が聞こえてくるよ♪

V.A.「アウトサイダー」

 日本の初期のハードコア、パンクが聴ける、まさに「発狂寸前」で「大爆裂核融合」で
高速に「ハードドライブ」する、あまりに素晴らしいライブ音源。
 登場バンドはGISM、COMES、LAUGHIN NOSE、GAUZE、MASTERVATION、FULLX、ROUTE 66、
MADAME EDWARDAで、いずれも昭和57年ごろに収録されたもの。どのバンドもかなりの
狂いっぷりで、彼らのスタジオ録音作品の数十倍の迫力の内容。初期のラフィンノーズは
かなり喧しくてカッコよかったことも確認できる。それだけでも貴重な一枚。

V.A「ハードコア不法集会」

 日本のハードコアは海外のハードコアバンドにも多大な衝撃を与えていた。とくに
GISMの横山SAKEVIのダミ声ヴォーカルはナパームデスなどのグラインドコア勢にも影響を
与え、その他にもハードコアの枠を超えた個性的なバンドが日本から次々登場して世界的
(といっても一部マニア、ミュージシャン相手だが)に知られるようになった。
 「ハードコア不法集会」は「アウトサイダー」と同じく初期の日本のハードコアを代表する
バンドによるオムニバス。LAUGHIN NOSE、MOBS、COBRA、LIP CREAM、GISM、
NERVOUS CORPS、OUTO、BAWS、ZOUOが登場。
リップクリームはまだ3人組でしかもドラムはPILLではなくてMARUIが叩いてる。が、それでも
他の追随を許さぬ圧倒的な説得力。GISMはこのアルバムが出た頃にはもうハードコアから
離れつつあることがわかる。
録音が悪くておとなしい、が、やはり貴重なアルバム。





94: 名無しさん@お腹いっぱい。

高柳昌行・阿部薫「解体的交感」と
非常階段「KING OF NOISE」買った。
マジよかった。実にためになるスレだ。



Bollocks presents 日本パンク・ロッカー列伝

シンコーミュージック
売り上げランキング: 655

おすすめ音楽記事
【サイケ】バッドトリップするアルバム集13【カオス】
日本のハードコアはガチ
「狂気」を感じる音楽アルバム


Pickup

おすすめ記事
関連記事



Comments

[ 11319 ] by
John Doe
 06:40 on 2015-03-11
マジカルパワーマコが入ってない、訴訟
[ 11323 ] by
John Doe
 10:15 on 2015-03-11
非主流を書きゃいいと思ってるな、安い奴ら
[ 11329 ] by
John Doe
 12:42 on 2015-03-11
スレタイも読めないでキレる人とか怖い
[ 11332 ] by
John Doe
 16:52 on 2015-03-11
文盲のくせにケチつけたがる奴とかほんとクソだな

コーパス久しぶりに聞いたけどやっぱりかっけぇな
全体的に面白かった
[ 11349 ] by
 22:29 on 2015-03-11
所々思い込みな音楽史観が入っててなんだかなあと思った。
[ 11360 ] by
John Doe
 00:37 on 2015-03-12
吉田拓郎 live73

[ 11361 ] by
John Doe
 00:52 on 2015-03-12
ポップスなのに隠れててどうすんの
[ 11370 ] by
John Doe
 08:37 on 2015-03-12
GASTUNK久しぶりに聞いたが、やっぱ最高にカッコいいわ
[ 11373 ] by
名無しさん@ニュース2ちゃん
 15:26 on 2015-03-12
日本が魔界に思えてくる
[ 11442 ] by
うちはん
 01:34 on 2015-03-14
まさかの三上寛
とりあえず「開く夢などあるじゃなし」から入るのがいいと思う
エレキ弾き語りなら最近のライブ盤の「閂」も良かった
[ 11717 ] by
John Doe
 23:48 on 2015-03-19
わりと最近目のが多いなあと思ってたら四人囃子がちゃんとあって感心。
でもゴールデンピクニックスの方が出来はいいと思うけど。
日本の多重録音の一つの頂点。あの時代にアレは凄すぎ。金がかかり過ぎて
バンドもプロデューサーもクビになった。
[ 12348 ] by
John Doe
 19:43 on 2015-04-03
突段なら抑止音力でしょ
[ 12389 ] by
John Doe
 17:31 on 2015-04-04
最近ならモータープールズ
[ 19766 ] by
John Doe
 18:38 on 2015-10-22
JAシーザーがないぞ
[ 20323 ] by
John Doe
 18:03 on 2015-11-08
ジャスナスの根岸なら今オートモッドでベースやってるぜ
やっぱりゴスの方が水が合うみたいだ
[ 24925 ] by
John Doe
 03:31 on 2016-03-08
4人囃子とカルメンマキ以外全然わからなくて草
どこでこんなアルバムの存在知るんだろう
[ 29468 ] by
ななしの日本人
 14:35 on 2016-06-22
いきなり北村の写真出すとかwww
[ 29666 ] by
John Doe
 11:57 on 2016-06-27
あぶらだこの青盤
[ 37175 ] by
John Doe
 20:41 on 2016-12-14
岡村靖幸 家庭教師(隠れてないかもしれんが)
スピッツ 三日月ロック
BUMP OF CHICKEN COSMONAUT
UNICORN シャンブル
[ 37983 ] by
John Doe
 17:33 on 2017-01-05
3年前に新宿ロフトにスタークラブ観に行ったら
スケジュールにゲスト:工藤冬里ってライブがあったぜ
誰の何かは忘れた

個人的にはエンケンの宇宙防衛軍(1980)かな


※コメント欄には禁止ワード(不適切な単語やhttpなど)が設定されています。また、管理人が不適切と判断したコメントは削除することがあります。
最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。