メジャーなクラシック曲を聴き比べてみる


Category クラシック/現代音楽
3115.jpg
1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)02:52:12 ID:Qxy

寝るまで






S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事


引用元: メジャーなクラシック曲を聴き比べてみる



2: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)02:53:09 ID:Qxy

1.ラデツキー行進曲 J.シュトラウス1世


a.バルビローリ ハレ管弦楽団 1956年
http://wktk.vip2ch.com/dl.php?f=vipper3768.mp3

苦楽を共にした名タッグによる演奏
ハープを使った勢いある演奏


b.フリッチャイ ベルリン放送交響楽団 おそらく1961年
https://www.youtube.com/watch?v=6dwzfzOJ1Ek
Radetzky-Marsch, Op.228

夭逝した天才、フリッチャイと手兵ベルリン放送交響楽団による演奏
瑞々しいはっきりとした演奏


c.ボスコフスキー ウィーンフィルハーモニーオーケストラ 1979年
https://www.youtube.com/watch?v=4R1UK7ahJBI
Strauss Radetzky march Vienna 1979.wmv

ニューイヤー・コンサートの黄金時代を指揮したボスコフスキー最後のニューイヤー・コンサートから
落ち着いた優雅な演奏

d.アーノンクール ウィーンフィルハーモニーオーケストラ 2001年
https://www.youtube.com/watch?v=m_clP7RmLs4
01 Johann Strauss I - Radetzky Marsch, original (Neujahrskonzert 2001)

古楽演奏に造詣が深いアーノンクールによる珍しい原典版の演奏
貴族らしい高貴な演奏





3: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)02:56:06 ID:Qxy

優雅さ
ボスコフスキー>アーノンクール>フリッチャイ>バルビローリ

快活さ
バルビローリ>フリッチャイ>ボスコフスキー>アーノンクール





4: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)02:58:19 ID:Qxy

2.ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番第3楽章

 
a.バックハウス ベーム指揮 ウィーンフィル 1950年
https://www.youtube.com/watch?v=bZCEU2LvIqA
Beethoven / Wilhelm Backhaus: Piano Concerto No. 3 in C minor, Op. 37 - London, 1950, Karl Böhm

ベートーヴェンの名手バックハウスによる演奏
晩年のような味わい深さはないが、伝統的な解釈による立派な演奏


b.グールド バーンスタイン指揮 1959年
https://www.youtube.com/watch?v=aqIIM9xXPXk
Glenn Gould - Beethoven Piano Concerto No 3 Mvt. 3

一見合いそうにないグールドとバーンスタインが上手くマッチした演奏
グールドらしく型にはまっていない


c.内田光子 マリス・ヤンソンス バイエルン放送交響楽団 2011年
https://www.youtube.com/watch?v=s_30DI6qOBY
Beethoven Piano Concerto No.3 -3M (3/3) M.Uchida M.Jansons BRSO

モーツァルトに定評がある内田による
重みに欠けるが、流れるようないい演奏





5: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:05:06 ID:Qxy

3.プッチーニ 「トスカ」より「星は光りぬ」


a.モナコ プラデルリ指揮 1959年
https://www.youtube.com/watch?v=rfO3cToIRIw
プッチーニ《トスカ》「星は光りぬ」マリオ・デル・モナコ

迫力ある名テノール、モナコの声がステレオ高音質で聴ける
文句なしの超名演 


b.ドミンゴ シノーポリ指揮 メトロポリタン歌劇場 1985年
https://www.youtube.com/watch?v=_HBcvE8PB6I
E Lucevan le Stelle. Placido Domingo. Tosca.
>
三大テノールの一人、ドミンゴによる歌
シノーポリの伴奏が無駄に良くて笑う
モナコ、クーラに比べるとやはり声質が軽い
 

c.クーラ ガグリアード指揮 2003年
https://www.youtube.com/watch?v=_voz38gdFiw
José Cura in Prague - Tosca (E lucevan le stelle)

堂々とした声質のクーラによる歌
モナコを思わせる感情豊かな表現





6: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:10:44 ID:Qxy

4.ショスタコーヴィチ 交響曲第5番第4楽章


a.バーンスタイン ニューヨークフィル 1959年
https://www.youtube.com/watch?v=tmDEuFaoSC0
Shostakovich - Symphony No. 5, Finale

バーンスタインの若々しい演奏
裏のない明るさで一貫している


b.ムラヴィンスキー レニングラードフィルハーモニーオーケストラ たぶん1972年
https://www.youtube.com/watch?v=7rj_Ro_FRhM
Jevgenij Mravinskij "Symphony No. 5 D minor" (4.Mov.) Shostakovich

ショスタコーヴィチといえばムラヴィンスキー
1966年のものが最も良いが、著作権がまだ残っているのでうpできない
重みを失わない、切れ味の鋭い演奏


c.ピエロ・ガンバ KBS交響楽団 2009
https://www.youtube.com/watch?v=44LqDSSdpew
[5/5] Shostakovich Symphony NO.5 - Finale (4th: Allegro Non Troppo)

弦楽器を始めとして笑いどころ満載の演奏
気合で乗り切っている





7: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:17:07 ID:Qxy

5.ショパン ポロネーズ第6番作品53


a.ルービンシュタイン 1960年
https://www.youtube.com/watch?v=6OAVHr7btbk
Rubinstein - Chopin Polonaise in A Flat Major, Op.53 (Live!)

大家ルービンシュタインの演奏
故郷ポーランド、ワルシャワでの演奏会でのアンコール
最高の演奏


b.ブーニン 1985年
https://www.youtube.com/watch?v=fUCFQlXeTuc
(Bunin)Chopin Polonaise Op.53

1985年ショパンコンクール優勝時
19歳のブーニンの若々しい、抒情にあふれる演奏


c.ホロヴィッツ 1987年
https://www.youtube.com/watch?v=KZGi49Bnghs
Horowitz plays Chopin Polonaise Op. 53 in A flat major

天才ホロヴィッツの晩年の演奏
ぼろぼろだが、高い技術力、豪低音などホロヴィッツらしさが実感できる





8: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:22:57 ID:Qxy

6.ドヴォルザーク チェロ協奏曲第3楽章


a.フルニエ セル指揮 ベルリンフィルハーモニックオーケストラ  1961年(26:16-)
https://www.youtube.com/watch?v=slfFBc0ckcM
Dvořák - Cello concerto - Fournier / Berlin / Szell

フルニエ定番の名演
ベルリンフィルの上手さと、フルニエの美しい音は飽きが来ない


b.ロストロポーヴィチ ジュリーニ ロンドンフィル 1977年(29:23-) 
https://www.youtube.com/watch?v=Do3YJ2djH7E
Rostropovich Playing the Dvorak Cello Concerto

円熟したロストロポーヴィチの演奏
圧倒的な技巧と力強い音色、ジュリーニの圧巻の歌い上げ


c.カピュソン パーヴォ・ヤルヴィ パリ管弦楽団 2013年
https://www.youtube.com/watch?v=FVKb3DwPFA8
Gautier Capuçon | Dvořák: Cello Concerto

最近注目しているカピュソンの演奏
土臭さのない、華麗な演奏





9: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:29:55 ID:Qxy

7.ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」より「愛の死」


a.フラグスタート フルトウェングラー指揮 1952年
https://www.youtube.com/watch?v=POImp6nXOTw
ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》~愛の死 K.フラグスタート(2)

フラグスタートとフルトウェングラーというワーグナータッグの演奏
有名な録音で、抒情にあふれている


b.ニルソン 
https://www.youtube.com/watch?v=_mOA8pZ_I4M
Birgit Nilsson - Liebestod

ワーグナーの名ソプラノ、ニルソンの愛の死
繊細さと力強さが入り混じった感情豊かな声


c.ヴァルトラウト・マイヤー バレンボイム指揮 2007年
https://www.youtube.com/watch?v=qGbmjX7AYyU
Waltraud Meier "Liebestod" Tristan und Isolde Scala 2007

往年のワーグナーソプラノ、マイヤー
フラグスタート、ニルソンとは別次元のワーグナーらしい世界を歌う





10: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:31:23 ID:4m8

こんな事言うのもなんなんだけど
5~6分で聴き比べられるの(´・ω・`)??





11: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:35:05 ID:Qxy

>>10
メジャーな曲で 初心者向け
聴き比べと称した名盤紹介みたいなもん

8.チャイコフスキー 交響曲第5番第4楽章 


a.メンゲルベルク アムステルダム・コンセルトヘボウ 1928年(33:51-)
https://www.youtube.com/watch?v=YHkNAVa3qgo
Tchaikovsky : Symphony No. 5 in E minor

ロマンの名残多いメンゲルベルクの演奏
堂々たる、ロマンティックな演奏


b.ムラヴィンスキー レニングラードフィル 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=UO6mut9kxPQ
Чайковский, Симфония № 5, IV - Мравинский

ムラヴィンスキーはチャイコフスキーの定番指揮者
細かなアゴーギグまで繊細な指揮ぶりで統制されていることがよく分かる


c.フェドセーエフ モスクワ放送交響楽団 1991年(36:43-)
https://www.youtube.com/watch?v=lwZ8Z3wHFn0
P. I. Tchaikovsky - Symphony No. 5 in E minor, Op. 64 (Fedoseyev)

来月来日するフェドセーエフの演奏
熱情迸るなかにも、どこか冷静さがある





12: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:41:10 ID:Qxy

9.ヘンデル オラオリオ「メサイア」より「ハレルヤ」


a.ガ―ディナー イングリッシュ・バロック・ソロイスツ モンテヴェルディ合唱団 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=kLvHbLmGEMQ
Handel Messiah John Eliot Gardiner Hallelujah

初演240周年記念のガ―ディナーによる演奏
初演時代のオリジナルを復元した厳格な演奏


b.ビーチャム ロイヤルフィル 年代不明
https://www.youtube.com/watch?v=doZH1ANfdhk
Georg Friedrich Händel: Messiah: Hallelujah Chor

イギリスクラシック界の大物、ビーチャムと彼が創設したロイヤルフィルの演奏
グーセンス版の代表で、豪華絢爛、爽快な演奏


c.アンドレ・リュウ ヨハン・シュトラウス管弦楽団 ハーレム・ゴスペル・コーラス 2004年
https://www.youtube.com/watch?v=76RrdwElnTU
Handel - Messiah - Hallelujah Chorus

色物だが、実力もある指揮者、アンドレ・リュウの演奏
快活ないい演奏





13: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:48:45 ID:Qxy

10.ブラームス ピアノ五重奏曲第3楽章
 

a.ゼルキン ブダペスト弦楽四重奏団 1963年(25:06-32:44)
https://www.youtube.com/watch?v=ff-LGGl4wCU
Brahms-Quintet for Piano and Strings in f minor op. 34 (Complete)

ブダペスト弦楽四重奏晩期、円熟した4人と巨匠ゼルキンの共演
ブラームスの渋さがこれ以上ないほど出ているいい演奏


b.カーゾン アマデウス弦楽四重奏団 1974年(24:13-31:30)
https://www.youtube.com/watch?v=riUUYyMeLpQ
Brahms: Piano Quintet opus 34 (Clifford Curzon & Amadeus Quartet)

ドイツ・ロマンが香るアマデウス四重奏団の演奏
アマデウス四重奏団らしい力強く、勢いのある演奏


c.Mndoyants エベーヌ弦楽四重奏団 2013年(25:15-32:40) 2013年
https://www.youtube.com/watch?v=w5DfzVJsQzU
Ébène Quartet & Nikita Mndoyants: Brahms - Piano quintet f minor, op.34

youtubeにあったのを適当に貼ったので、よく知らない演奏家
こじんまりまとまっている感じで、技術的にも甘い





14: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:51:56 ID:E0l

わかりやすい





15: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)03:54:41 ID:Qxy

11.ロッシーニ 「セビリアの理髪師」より「フィガロのアリア」


a.ヘルマン・プライ アバド指揮 ミラノ・スカラ座 1972年
https://www.youtube.com/watch?v=rmTcmBn56Jk
Hermann Prey "Largo al factotum"

ドイツオペラのイメージのあるプライ
正統派の声質と、アバドの堅実な伴奏


b.レオ・ヌッチ カルロ・フランチ指揮 マドリード交響楽団 1988
https://www.youtube.com/watch?v=xIeG_xcFB6w
Leo Nucci - Largo al factotum Verona 1988

ヌッチの全盛期の歌
人柄も合わせてはまり役のフィガロ、暖かい歌声


c.ドミンゴ アバド ヨーロッパ室内管弦楽団 1993年
https://www.youtube.com/watch?v=aZ2Obl5-fB4
Placido Domingo - Largo al factotum

三大テノールの一人、ドミンゴの歌
フィガロとしては、少々軽い声質に感じてしまう





16: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)04:02:00 ID:Qxy

12.モーツァルト ホルン協奏曲第1番


a.ブレイン カラヤン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1953年 
https://www.youtube.com/watch?v=D7hIXsYgJjM
Mozart - Horn concerto n°1 - Brain / Philharmonia / Karajan

定番の名盤
ブレインの技術が発揮された演奏


b.バボラーク 小澤征爾 水戸室内管弦楽団 2005年
https://www.youtube.com/watch?v=otkovXD1HBQ
Radek Baborák, Seiji Ozawa, MCO : W.A.Mozart Horn Concerto No 1 in D major KV 412

当代の名手バボラーク、ベルリンフィル首席時代の演奏
柔らかい繊細な音色


c.素人 年代不明(バボラーク ベルリンフィル)
https://www.youtube.com/watch?v=cMdiYuzHVZ4
Mozart 1st French Horn Concerto Shreds

パロディ
素人が吹くとこうなる





17: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)04:10:16 ID:Qxy

13.ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲


a.フルトウェングラー ベルリンフィル
https://www.youtube.com/watch?v=STDskpYZ1GY
フルトヴェングラー指揮「ニュールンベルグの親方歌手」第1幕の前奏曲1949年実況録音 Furtwängler Meistersinger von Nurnberg Auhtung akt 1

 1949年

ドイツ音楽の第一人者フルトウェングラーの演奏
戦後の録音で音質もいい ロマンティックな演奏


b.ムラヴィンスキー レニングラードフィル 1977年
https://www.youtube.com/watch?v=hmsNUGd74MM
Wagner: Die Meistersinger - Prelude to Act I - Mravinsky (Japan 1977)

1977年来日時の名演
美しく、堂々たる演奏


c.シノーポリ シュターツカペレ・ドレスデン 1998年
https://www.youtube.com/watch?v=vrd0qTjp2rY
Wagner Die Meistersinger von Nurnberg Overture by Sinopoli, SKD (1998)

鬼才シノーポリの演奏
最初から最後まで暑苦しい音





18: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)04:16:40 ID:Qxy

14.ベルリオーズ 幻想交響曲第5楽章


a.ミュンシュ パリ管弦楽団 1967年(36:30-)
https://www.youtube.com/watch?v=gfI9da_bwXY
Berlioz Symphonie Fantastique Charles Munch 1967

言わずと知れたミュンシュ晩年の超名演
圧倒的熱量と疾風怒濤の勢いでオーケストラが躍動している


b.ストコフスキー ニューフィルハーモニア管弦楽団 1968年
https://www.youtube.com/watch?v=xiRenhDpVj0
Leopold Stokowski, Berlioz Symphonie Fantastique - Songe d'une nuit de sabbat

奇才、ストコフスキーによる演奏
ストコフスキーにしては控えめなだが、若々しい解釈は健在


c.デュトワ NHK交響楽団 2002年 (43:10-)
https://www.youtube.com/watch?v=eBskPuM7uUI
Berlioz Symphonie Fantastique (sinfonía fantástica) op.14 conductor: Charles Dudoit

今や大巨匠のデュトワによる演奏
N響にしてはましな演奏





19: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)04:20:01 ID:Qxy

15.パガニーニ カプリース24番 


a.シゲティ
https://www.youtube.com/watch?v=urIxBgHPzDM
SZIGETI - CAPRICE No. 24 (Paganini)

往年ヴァイオリニスト、シゲティの演奏
渋い、それに尽きる


b.ハイフェッツ エマニュエル・ベイ(ピアノ) アゥアー編曲版
https://www.youtube.com/watch?v=vPcnGrie__M
Jascha Heifetz plays Paganini Caprice No. 24

珍しいハイフェッツのパガニーニ
流石の技巧だが、どこかしっくりこない演奏


c.ミンツ 1981年
https://www.youtube.com/watch?v=4TOlOmilwQY
Nicolò PAGANINI - Capriccio n°24 - 24 Capricci - Violino: Shlomo Mintz

初めて聴いたときは腰を抜かされるミンツの演奏
パガニーニならこう弾いたと思わせるような完璧な技巧が光る





20: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)04:20:39 ID:Qxy

寝る





24: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)10:07:45 ID:knZ

>>20
起きろ





22: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)07:26:42 ID:Zb3

クラシックニキ来て短歌





25: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)17:31:50 ID:Vim

16.ベートーヴェン 交響曲第7番第4楽章


a.ビーチャム ロイヤルフィル 1959年
https://www.youtube.com/watch?v=NoC-CJ2Yazw
Beethoven Symphony No. 7 in A Op. 92 Movement IV

珍しくベートーヴェンを指揮するビーチャム
初速から勢いのある演奏


b.クレンペラー ニューフィルハーモニア管弦楽団 1970年(35:30-)
https://www.youtube.com/watch?v=fiIh80jYeGE
BEETHOVEN Symphony No.7 in A,Op.92 OTTO KLEMPERER

晩年の満身創痍のクレンペラーの演奏
重厚な演奏で、細かいハーモニーにまで構造を意識させられる


c.カルロス・クライバー ロイヤル・コンセルトヘボウ 1983年
https://www.youtube.com/watch?v=VLkZvsp62iU
Carlos Kleiber -Beethoven symphony No.7, Op.92 : mov.4

ライブの鬼、クライバーの演奏
魅力的な指揮と、圧倒的な高揚を楽しめる





26: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)17:41:35 ID:Vim

17.モーツァルト ピアノ協奏曲第20番第3楽章


a.ハスキル マルケヴィチ ラムルー管弦楽団 1960年(23:04-)
http://www.youtube.com/watch?v=eF74h_WhLiI
Mozart. Piano Concerto 20 - Haskil, Markevitch 1960

亡くなる1か月前のハスキルの演奏
女性らしい細やかなタッチのモーツァルト


b.グルダ指揮振り 顔ぶれからしておそらくミュンヘン・フィル
https://www.youtube.com/watch?v=Yha-5o9Ds20
Mozart concerto 20 in d, K.466 - 3. Rondo ; Gulda

モーツァルトのピアノと言えばグルダ
グルダらしい豪快な即興たっぷりの演奏


c.内田光子指揮振り カメラ―タ・ザルツブルク室内管弦楽団 2001年
http://www.youtube.com/watch?v=7ZGVtgDQjdM
Uchida conducts Mozart's Piano Concerto #20 - Rondo III

日本人のモーツァルト弾き、内田の演奏
個性的な指揮、音がしっかりと引き締まった演奏





27: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)17:51:32 ID:Vim

18.スメタナ 交響詩「わが祖国」より「モルダウ」


a.アンチェル チェコフィル 1968年
http://www.youtube.com/watch?v=8l5eqtrkbk0
MEIN PRAG - HOMMAGE AN DIE SCHÖNSTE STADT DER WELT - SMETANA - VLTAVA - TSCHECHISCHE PHILHARMONIE

チェコ事件直前のアンチェルによる演奏
伝統的な民族風の演奏


b.チェリビダッケ ミュンヘンフィル 1986年
http://www.youtube.com/watch?v=_iRVBxA-6Fk
Smetana Celibidache MPO live Vltava 20 June 1986

アルメニア系の音楽も得意とするチェリビダッケの演奏
非常にゆったりとしたテンポで、川の流れが非常に遅い演奏


c.クーベリック チェコフィル 1990年(21:00-32:40)
http://www.youtube.com/watch?v=76R0N2GN6Jo
Rafael Kubelík & Česká filharmonie - Opening Concert of 1990 Prague Spring Festival

チェコ民主化後の歴史的名演
クーベリックらしい瑞々しい音が流れる演奏





29: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)17:55:20 ID:Vim

19.ブラームス クラリネット五重奏曲第3楽章


a.レジナルド・ケル ブッシュ弦楽四重奏団 1949年
https://www.youtube.com/watch?v=ZA3PufWA3MY
Brahms Clarinet Quintet In B minor op. 115 (full)

決してよい録音ではないが、古き良き室内楽の香りがする演奏
ブラームスらしい渋みが感じられる


b.ジャック・ランスロ アマデウス弦楽四重奏団 1971年
https://www.youtube.com/watch?v=wTpkvQ4TdZI
Reginald Kell & Busch Quartet play Brahms Clarinet Quintet (3rd mvt)

アマデウス四重奏団らしい、力強い演奏
ジプシー的な風味が感じられる


c.ルナ 東京カルテット 2003年(24:50-29:45)
ttps://www.youtube.com/watch?v=B092GA9Samg
Brahms: Clarinet Quintet Op.115 Amadeus Lancelot (12.1971)

最近解散してしまった東京カルテットによる演奏
現代的なあっさりとした演奏





30: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)17:55:51 ID:Vim

20.ヴェルディ 「レクイエム」より「怒りの日」


a.トスカニーニ NBC交響楽団 ロバート・ショウ合唱団 1951年
https://www.youtube.com/watch?v=jDbMzp86tOc
BBC Prom 13 - Verdi Requiem - Dies Irae e Tuba Mirum

冷徹な熱狂をもつトスカニーニの演奏
有名な「くすしきラッパの音」、「審判者に答えるために」、「書き記されし書物は」まで
ティンパニの強打、合唱も洗練されている

b.アバド ベルリンフィル いろんな合唱団が混成しています 2001年
ttps://www.youtube.com/watch?v=up0t2ZDfX7E
Verdi - Requiem: Dies Irae (Claudio Abbado, Berlin Philharmonic (2002))

アバド会心の演奏
合唱の質も高く、木管がいい仕事をしている


cビシュコフ BBC交響楽団 いろんな合唱団が混成しています 2013年
ttps://www.youtube.com/watch?v=cHw4GER-MiE
Verdi Requiem - Toscanini: Dies irae (part1)

プロムス2013での一幕
圧倒的コーラス 





21: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)04:37:49 ID:Hd7

これは良スレ



至高の音楽  クラシック 永遠の名曲
百田尚樹
PHP研究所
売り上げランキング: 89,584

おすすめ音楽記事
クラシック音楽は堅苦しくないことをわかってほしい
クラシック業界が盛り上がるにはどうすればいいか
クラシックの指揮者を10人紹介していく


Pickup

おすすめ記事
関連記事



Comments

[ 13563 ] by
John Doe
 20:25 on 2015-05-04
あれがどこかしっくりこないなら、まあこんなスレ立てる資格はない

魅力が逆にわかりにくいのはあるんだけどね
[ 13575 ] by
John Doe
 05:01 on 2015-05-05
>レニングラードフィルハーモニーオーケストラ

もうねw
半可通が知ったかぶりしてんのがバレバレ
[ 13576 ] by
John Doe
 08:29 on 2015-05-05
>半可通が知ったかぶりしてんのがバレバレ

こういうこと言うやつがいるから、クラシックファンが増えない


※コメント欄には禁止ワード(不適切な単語やhttpなど)が設定されています。また、管理人が不適切と判断したコメントは削除することがあります。
最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング