今週の注目作(2015/9.6-9.12)


Category 特集記事
3638.jpg
1: みるとべさん 2015/09/06

13枚。





S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事



今週発売される個人的注目作。
ここで書く発売日はAmazonでの日付で、販売先によって違いがある場合もあります。
またあくまでも発売予定日のため発売日が変更することもありますのでご了承ください。


9/6 omni sight「eternal return」
eternal return

京都で結成されたDUOユニット”omni sight”による1stフルアルバム!

90s~00sフロアグルーヴとテン年代電子音響シーンの邂逅がもたらすニュースタンダードであり、ジャパニーズ・クロスオーバーサウンドの再起とも言える決定盤。井上薫 (aka Chari Chari)によるリミックスも収録!
シネマティック・インストバンドL.E.D.のリーダー佐藤元彦、BOOM BOOM SATELLITESやORIGINAL LOVEなど様々なアーティストやバンドのドラマーとして活躍してきた平井直樹により、2013年に京都で結成されたユニット”omni sight (オムニ サイト)”。
コズミックで浮遊感あるサウンドスケープに生ドラムとベースによる有機的で強力なビートを織り込んだ実験的かつフロアライクな音場を創出。90s~00sのブレイクビーツ、アンビエント、ハウス、テクノ、ダブ、バレアリックサイケへのオマージュを基本軸にしつつ、 京都での電子音響、エレクトロニカシーンのアーティストとの交流を通して得られたインスピレーションも織り込み、ダンスミュージックでありながらも音響的なアプローチを施した緻密で独自なダイナミクスを獲得。待望のファーストアルバムとなる本作には、メンバーの佐藤が京都で交流を深めているNabowa山本啓(Violin)、原 摩利彦(Piano)、Polar M(Guitar)、そしてL.E.D.で長年活動を共にしてきた盟友 加藤雄一郎(Sax)が、ゲストプレーヤーとして参加。また、佐藤が長年リスペクトするDJ/プロデューサー井上薫 (aka Chari Chari)氏によるリミックストラックも収録。京都発、ルームミュージックかつフロアライクなジャパニーズ・クロスオーバーサウンドの新たな決定盤がここに誕生!

omni sight "water cave"
https://www.youtube.com/watch?v=ckwpDjR5HNI







9/9 Low「Ones and Sixes」
Ones and Sixes [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP187)

通算11 作目のニュー・アルバム、【SUB POP】 よりリリース!
スロー・コア、サッド・コアの先駆者としてシーンを切り開いてきたロウによる、深く美しい静寂の世界。

「このアルバムは彼らのよいところが全て入っていて、インダストリアル系のエレクトロ・サウンドが施された作品」- ディー・ディー(ダム・ダム・ガールズ)

Low - No Comprende
https://www.youtube.com/watch?v=DZfjysllZyg







9/9 Kisses 「Rest in Paradise」
REST IN PARADISE

『ホワイテスト・ボーイ・アライヴが、ベルセバやニューオーダーとジャムって いるところを想像して欲しい』と評され海外メディアから大絶賛。そのサマ ーブリージンなサウンドが世界中のインディ・ポップ・ファンから圧倒的に支 持され、日本でも2度に渡るツアーを敢行するなど人気を集めるUSの男女 2人組=Kisses、待望の3rdアルバムが完成。よりロマンティックに、よりノ スタルジックに夏の終わりを告げる極上のUS産シティポップ・サウンドを ご堪能下さい。

Kisses - A Groove
https://www.youtube.com/watch?v=IOw896cvzIA







9/9 Beirut「No No No」
ノー・ノー・ノー

絶望の日々から見事復活をとげた約4年ぶりの新作! !

ニューメキシコ州サンタフェ出身のザック・コンドンのソロ・プロジェクトとしてスタートし、現在はブルックリンを拠点にしている6人組ベイルート。2012年に初のジャパンツアーを行い渋谷クアトロ公演はソールドアウト。日本でも確固たる人気を誇っている彼らが約4年ぶりとなるスタジオ・アルバム『ノー・ノー・ノー』をリリース! !
3年前の世界ツアー中に心身の疲労から体調を崩し、ついには異郷の地オーストラリアでで病院に運ばれたザック。プライベートでも別れを経験し絶望の日々を送り、一時は全く曲がかけないスランプに陥っていた彼が見事復活! ソングライターとしての新たなアイデンディティーを見つけ、新たな驚きと感動に満ち今までになく力強い傑作がここに誕生! !

Beirut - No No No
https://www.youtube.com/watch?v=G8lOkgyPcaU







9/9 The View「Ropewalk」
ROPEWALK

スコットランド出身の4人組バンド、ザ・ビューが結成から10年(2015年時)でリリースする、通算5枚目のアルバム。プロデュースは、ザ・ストロークスのアルバート・ハモンドJrと、同じくザ・ストロークスの長年のプロデューサー/エンジニアを務めるガス・オバーグが担当。初めて他者にクリエイティヴ・コントロールを委ねたことで、バンドの可能性を広げ、新しい側面を開花させた、10周年にふさわしい一枚。 (C)RS

The View - Marriage
https://www.youtube.com/watch?v=6EzRHOKqr34







9/11 The Libertines「Anthems for Doomed Youth」
リバティーンズ再臨

『リバティーンズ宣言』(2002年)、『リバティーンズ革命』(2004年)のわずか2枚のオリジナル・アルバムを遺して解散、英雄的人気を誇ったバンド、ザ・リバティーンズが、2010年再結成後初のアルバムをリリース! (C)RS

The Libertines - Gunga Din
https://www.youtube.com/watch?v=LEf27xuYcw4







9/11 Superhumanoids「Do You Feel Ok?」
Do You Feel Ok?

まさにブレイク必至(!!)今最も注目度の高いレーベルInnovative LeisureがRhyeやClassixx等とともに全面サポートするLAの3人組エレクトロ・ドリームポップ・バンド:Superhumanoids。待望のセカンド・アルバムが登場!!

Superhumanoids(スーパーヒューマノイズ)はキャメロン、マックス、サラの3人によって2010年にLAで結成されたエレクトロ・ポップ・ユニット。2013年にリリースされた1stアルバム「Exhibitionists」がジャンルの枠を超えて世界中の音楽ファンやメディアの注目を集めた。先日発表された先行シングル”Anxious In Venice”で期待がマックスに高まる中、遂に待望のセカンド・アルバムの登場!
RhyeやClassixx、BADBADNOTGOOD、Tropicsなどジャンルを股にかけてオルタナティヴでフレッシュなアーティストを輩出し続け、注目を集めているLAのレーベル、Innovative Leisureから次なるブレイク目前、話題沸騰のエレクトロ・ドリームポップ・バンド:Suprhumanoidsのセカンド・アルバムが登場!
前作で築き上げた彼らのスタイルとサウンドは更に進化し、とてつもないクオリティのアルバムを完成させた!心踊る高揚感が堪らない絶妙なダンストラック、先行シングルTR-1から彼らの音世界に引き込まれていくこと間違いなし!ダンストラックから哀愁のミディアム、ニューディスコまで全曲が聴きモノ!シンセのマジックとオーガニックな音色、そして唯一無二の存在感を放つサラの歌声が最高のケミストリーを起こすメロディックでグルーヴィーなこの上なく爽快なミュージカル・ジャーニー!エレクトロからネオ80’s、ディスコまで幅広い音楽ファンにおススメしたい驚異のダンスポップ・アルバム!

Superhumanoids - "Anxious In Venice"
https://www.youtube.com/watch?v=iJpkqyZbb40







9/11 Duran Duran「Paper Gods」
Paper Gods

全世界同時発売!80年代にセンセーションを巻き起こしたあの伝説的グループが完全復活!

デビューから34年を経てワーナーブラザーズと電撃契約を結び、通算14作目のオリジナル・アルバムをリリース!当時世界に衝撃を与えた数々のヒット曲を手掛けていた盟友とも言うべきナイル・ロジャースを始め、現代ミージック・シーンの最重要プロデューサーとも言えるマーク・ロンソン、そして気鋭のクリエイターとして活躍するUK出身のミスター・ハドソンなど超豪華なプロデューサー陣を迎えた作品!話題の先行シングル「プレッシャー・オフ(feat.ジャネール・モネイ)」収録!

Duran Duran - Pressure Off feat. Janelle Monáe and Nile Rodgers
https://www.youtube.com/watch?v=ZYpnpYDQdbk







9/12 Stereophonics「Keep the Village Alive」
Keep the Village Alive

デビュー以来トップ・ランナーであり続けるUKの国民的バンド=ステレオフォニックス。20年目に突入した今もなお、2年に一度のペースで良質な作品を発表し続ける驚異的な安定感と意欲的な活動を持続している稀有な存在だ。

本作は自身のレーベル「スタイラス・レコーズ」からの第2弾、通算9作目のオリジナル・アルバム。1st Sg「セ・ラ・ヴィ」は、このバンドの真骨頂であるエネルギッシュかつ爽快な疾走感溢れるロックンロールで、彼らのアッパー・サイドが好きな人にはまさに"待望"の新曲と言えるだろう。前作『グラフィティ・オン・ザ・トレイン』ではかつてなく壮麗で哀愁を湛えた楽曲が並び、シリアス・ムード漂う"秋冬仕様"な作風だったが、本作では前作の成功(全英3位/34週間チャートイン)からか、逆にこれまでで最も肩の力が抜けた感が強く、ケリーのヴォーカルも全体を通して"力み"が一切ないのが印象的。豊潤なポップ・メロディー、熟練を感じさせるヴィンテージなギターサウンドが効いたダンサブルなロック、デビュー時と変わらぬ素朴な香りのバラードなど、見事なまでに柔軟で色彩豊かな"春夏仕様"の作品に仕上がった。

Stereophonics - C'est La Vie
https://www.youtube.com/watch?v=SJ5cg0KNKH0







9/11 Petite Noir「La Vie Est Belle/Life Is Beaut」
La Vie Est Belle/Life Is Beaut

南アフリカ、ケープタウンを拠点にシンガー/プロデューサー/マルチ・インストゥルメンタリストとして活動しているコンゴ人とアンゴラ人のハーフのヤニーク・ルンガことペティート・ノワール。

3年前、若干21歳にしてその才能を見いだされ、MC、俳優であるモス・デフ改めヤシーン・ベイやビヨンセの妹であるシンガーのソランジュとコラボレーション経験を持ち、2015年の頭にリリースしたEP『ザ・キング・オブ・アングザイエティ』がデビュー前にも関わらず米音楽メディアPitchforkにて8.2という高得点を叩き出し期待の新人アーティストとして注目を集める。そしてようやく2015年9月に待望のデビュー・アルバム『ラヴィエベル/ライフ・イズ・ビューティフル』リリース!!
10代のころはもっぱらメタルコアバンドでギターを弾いていた彼は16歳の時にカニエ・ウェストのアルバム『808s & Heartbreak』と出会い人生がひっくり返ったという。そこから音楽の世界観がぐっと広がり紆余曲折を経て、アフリカン・ミュージックとニュー・ウェイヴ両方の影響を受けて出来上がったサウンド、チルウェイヴならぬ“ノワールウェイヴ"へとたどり着いた。複雑に構成されたコンテンポラリー・エレクトロニクスにポスト・パンクの生の熱量。様々なジャンルから影響を受けて全く個性的なアルバムへと完成した。今作から公開されたシングル「Down」のミュージック・ビデオではヤニークのルーツの地であるコンゴ共和国で撮影されたという。テレビでみる印象とは全く違った、アフリカの現代、若者のリアルな様子を垣間見ることができる。まさに新しい才能とは彼のことと言えるだろう。

Petite Noir - Down
https://www.youtube.com/watch?v=mdbTYxFRi7U







9/11 Empress Of「Me」
Me

USはグリズリー・ベアのクリスが主宰する<Terrible Records>から、UKではアデルを輩出した<XL Recordings>から新世代エレクトロポップ女性シンガー・ソングライター、エンプレス・オブが登場!コクトー・ツインズからディスクロージャーのモダンポップ・ハウス・サウンドを彷彿とさせる完成されたデビュー作!

Empress Of - "Water Water"
https://www.youtube.com/watch?v=iwo_HeW4G-Q







9/11 Micachu & The Shapes「Good Sad Happy Bad」
Good Sad Happy Bad

アヴァンギャルド・ポップ・アーティスト、ミカ・リーバイによるプロジェクト、ミカチュー&ザ・シェイプスが3年振りとなる待望の4thアルバムを<Rough Trade>からリリース!即興演奏的なジャム・セッションを元にしたミニマルでエクスペリメンタル・ポップ・ミュージック!

Micachu & The Shapes - Oh Baby
https://www.youtube.com/watch?v=a7EzjJvMLKo







9/12 Boys Age「ELSE」
ELSE [初回生産分のみボーナス・ディスク付 / 国内盤] (MGNF1032)

傑作オルタナポップの傑作『Calm Time』を4月にリリースし、噂が噂を呼ぶ絶好調なBoys Age がわずか5ヶ月で早くも新作アルバム『ELSE』リリース!初回生産盤には、2014年カセット・テープのみで発表したアルバム『Tiger Tiger』を収録したボーナス・ディスク付!

今年4 月にリリースされた、天国的オルタナポップの名作『Calm Time』で、その奇天烈POP な才能がシーンから注目を集めたBoys Age が早くも新作『ELSE』を完成! LA の人気インディレーベル、【GNAR TAPES】から8月にカセットテープで、そして日本は【MAGNIPH】から9 月12 日に全国発売が決定。日本盤にはボーナス・ディスクとして2014 年にテープのみで発表したアルバム『Tiger Tiger』を全曲収録した計26 曲に及ぶ怒涛のリリースとなる。『Calm Time』の天国系オルタナポップとも違う、ギターポップ的な憂いと爽やか さが同居する極めてモダンな革命的ポップ・アルバム。そのアイデアと閃きが交錯する絶妙なサウンドメイクに悶絶間違い無し!公演情報などはBoys Age のオフィシャルサイトにて随時発表される。
Boys Age からのコメントはこちら!
~ この『二枚組』、『Else』と『TIGER! TIGER!』で我々はこの地球で一つの頂点に立った。多くの人は未だ知らず、また、理解できないだろうが、このアルバムは、人類の知られざる偉大な歴史の足跡であろう。 - Kaz (Boys Age) ~

Boys Age - An Unrealizable Dream
https://www.youtube.com/watch?v=kVN_6b4Pfjw



Pickup

おすすめ記事
関連記事



最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング