スポンサーサイト


Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【発掘】先月、こんな音楽聴きました。Vol.6(2016/10)


Category 特集記事
5083.jpg
10月によく聴いたアルバム10枚。






S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事

どーも。「今」の音楽も聴きましょう。
ってことで、今回も遅くなりましたが「管理人が完全好みで選んだ10月よく聴いたアルバム10枚」やってきます。
基本的には10月に発売された新譜です。
10月は話題のデビューアルバムが多かったですね。ってなわけで今回は10枚中8枚が1stアルバム!
新人中心に選んでますので1つでも新たなお気に入りを見つけてくれたら嬉しい限りです。
ではいきましょう!






Crying「Beyond the Fleeting Gales」

Beyond the Fleeting Gales

ニューヨーク州パーチェス出身のチップチューン・ギターポップバンド「Crying」の1st。
少し前に耳にした時はもっとピコピコ8bitサウンドをふんだんに使っているイメージがありましたが初のフルアルバムではより「ロックバンド」な仕上がりに。
根っこにあるのはシューゲ、ギターポップ、エモなど90年代ロックの影響、そこに彼らの象徴でもある8bitサウンドを組み込みピコピコ可愛らしさもありつつ、しっかりロックスピリッツも感じられる作品になっています。
歌ものとしてしっかり聴けるので8bitのピコピコが苦手な人でも心地よく聴けるはず。
椎名林檎やPerfumeをリスペクトしてるとか。日本で流行るバンドなのでは?

Crying - Wool in the Wash
https://youtu.be/kryuiydSOCI







D.D Dumbo「Utopia Defeated」

Utopia Defeated

オーストラリア出身のオリバー・ヒュー・ペリーによるソロプロジェクト「D.D Dumbo」が4ADからリリースした待望の1st。
デビューEPが高く評価され数々の大物ともツアーを周るなど期待の高さが伺える彼。
「エクスペリメンタル・ブルース・ループ・ポップ」と評される楽曲はブルースの影響を軸に、民族音楽やポップス等様々なエッセンスを遊び心満載に詰め込んだサウンド。センスが眩しくらい光ってる。強烈でアフリカンなビート、フォーキーかつサイケなギター、優しく高揚感あふれるボーカル、曲によって様々な顔を見せる実験的でワクワクするような遊び心。クールさファンキーさトリッキーさが激突するいわゆる最高なやつ。12弦のギター、ドラム、ボーカルでループを作っていく一人アンサンブルライブも見ていて面白いです。

D.D Dumbo - Satan
https://youtu.be/yrsfyu9N0ps







Gurr「In My Head」

In My Head

ベルリンを拠点にするガールズ・ガレージポップ・デュオ「Gurr」の1st。
こんなに楽しそうに踊っているのに、曲も凄く楽しげなのに、なぜこんなに悲しくなるのでしょうか。不思議です。
とことんシンプルでストレート。60年代ガレージやBest Coast、The Raincoats、Bratmobileなどのガールズバンドの影響を感じるローファイで女の子的なキュートなポップさとパンキッシュな鋭さを兼ね備えたサウンド。開放的な演奏に艶やかなコーラスが心地良いんだけどどことなく感じる哀愁が何とも言えないおセンチな気分に。
10曲目の「Computer Love」って曲がタイトルに反しておもっきり60年代ガレージ風なのが個人的にお気に入りです。こういうガールズバンド日本でももっと出てきてほしいなー。

Gurr - Moby Dick
https://youtu.be/rYnXaJrXS8I







Jagwar Ma「Every Now & Then」

Every Now & Then

オーストラリア・シドニーのサイケデリック/ダンス・ユニット「Jagwar Ma」の3年ぶりの2nd。
3年待ちましたよ!今作は前作に比べてよりダンサブルに、よりグルーヴィーに。そして1番感じたのは繊細な美しさを増したサウンドになったなと。ごたつきがなくなったと言いますか耳にスゥっと入ってくる心地よさがあります。そんな意味では前作よりサラッと聴ける作品じゃないでしょうか。マッドチェスター経由のビートとサイケデリックな浮遊感はもちろん健在。ノエルに「銀河系の未来はJagwar Maにかかっている」と言わしめた逸材、レベルアップしてますよ。
そんなことより来日してくださいよ!サマソニ以来来てませんよね?

Jagwar Ma - Give Me a Reason
https://youtu.be/CkvDccj-a5U







The Lemon Twigs「Do Hollywood」

Do Hollywood

ニューヨーク州ロングアイランドを拠点とする10代のダダリオ兄弟によるインディロックバンド「The Lemon Twigs」の1st。こちらも4AD。
どのメディアも、誰に聞いても、Twitterを見ても「天才」「こいつらはヤバイ」と尋常じゃないくらい持ち上げられてる彼ら。わかる、わかりますよ。
ポール?トッド・ラングレン?クイーン?20世紀のロック、ポップに対する敬意とそれを本質に近いサウンドで形にするとてつもないポップセンスを持ったソングライティング力、ミュージカルにも通ずる退屈せずずっとワクワクが止まらない万華鏡のような楽曲構成と様々なルーツを1曲にまとめ上げるセンス。そして見た目のインパクトも最高です。なんかもうスターの風格が。若干17歳と19歳の兄弟デュオですよ?仮面被ったおじさんじゃない?

The Lemon Twigs - These Words
https://youtu.be/LncJE2otRVA







Lewis Del Mar「Lewis Del Mar」

Lewis Del Mar

NYのアートポップデュオ「Lewis Del Mar」の1st。
憂鬱な雰囲気をもったボーカルにアコースティックでフォーキー、かつラテン的な夏っぽさをもった気怠くも明るいサウンド。そのサウンドにズタズタ土足で割り込んでくるビート。このビートが彼らの魅力。ダビングを駆使した音割れ寸前のドカドカとラウドなビートは結構な破壊力。このビートがフォーキーな歌もの的要素とミックスし柔らかくも攻撃的でかなり中毒性の高いユニークなサウンドになってます。どんだけ攻めたビートでもあくまでバンドサウンドでアコースティックなところが良いんですよね、聴き疲れしないと言うか温かみもあって。
ライブでは5人編成のバンド形態でやるみたいですね。是非見てみたい!

Lewis Del Mar - Loud(y)
https://youtu.be/PagwbIPbEVw







NxWorries「Yes Lawd!」

Yes Lawd!

KNXWLEDGEとANDERSON .PAAKによるHip-Hop/R&Bスーパータッグ「NxWorries」待望の1st。
このメンツの中だと浮いてる感が否めませんがそれぐらい良かったし最高の作品。
ANDERSON .PAAKのセクシーで癖のある声とKNXWLEDGEのソウルフルで柔らかくも厚みのあるトラック。声とトラックのフィーリングがも1mmのズレもなくピッタリハマってこれぞ最高のタッグじゃないでしょうか。アルバム全体に統一感があって是非アルバムで聴いて欲しい作品ですね。まるで即興のセッションを聴いてるかのよう。ほんとに心地良いです。
すでに今年のベストアルバムとの声も多いようですね。全ての音楽ファンに届けたいこれが最高の音楽。

NxWorries (Anderson .Paak & Knxwledge) - Link Up
https://youtu.be/PsXaSRBO5kM







Savoy Motel「Savoy Motel」

Savoy Motel

ナッシュヴィル出身のパンクでディスコな4人組「Savoy Motel」の1st。
田舎臭さとこの絶妙なゆるさ、そして盛り上がりきらないパーティー感。これぞインディーの醍醐味。ほんと好きですこのバンド。
踊れるっちゃ踊れるしあがるっちゃあがるし、とにかくこのもったりとした独自の脱力サウンドがキテレツで面白いです。曲はもちろんジャケもMVもレトロなカルチャーの影響が強いことは一目瞭然。それでもアルバムを通して聴くと新鮮で2016年の音に聴こえるんですよね。これはLemon Twigsなど他のアーティストにも言えることなんですが昔のリバイバル的なサウンドって当時を経験した人にはどう聴こえるのかな?って思ったりします。当時を経験していない私にとってはある意味新鮮なんですよね。今のアーティストが目指すべきは懐古の追求なのか、それが新しさを生んでいるのしょうか。なんて思ってみたり。

Savoy Motel - Hot One
https://youtu.be/ntxaaDci6Lo







Soft Hair「Soft Hair」

Soft Hair

元Late of the PierのSamuel DustとConnan Mockasinによるポップ・ユニット「Soft Hair」による1st。
変人VS変人。ジャケ、風貌からして間違いない、ヤバイやつです。Connanだしね。
その奇抜さに目が行くのは仕方ないとして、しかしまあ音のクオリティは非常に素晴らしいです。エキゾチックで優艶なサイケ・ポップ。
独特で怪しい浮遊感たっぷりなサウンド、超極楽のメロディ、トロットロで甘すぎるボーカル。全てがいっちゃっててこのアルバム全部聴き終わる頃には私は消えてなくなってしまうんじゃないだろうかと。ヘッドホンで聴くとダメかもな・・・。気持ち悪さと気持ちよさのギリギリを攻めた作品じゃないでしょうか。間違いなく変態(天才)です。まあジャケはギリギリセーフだけどMVはギリギリアウトのセンスだとも思う。ロン毛にしようか。

Soft Hair - Lying Has To Stop
https://youtu.be/eFkAjX0Gz8Y







Vulfpeck「The Beautiful Game」

The Beautiful Game

ロサンゼルスを拠点に活動する4人組ミニマルファンクバンド「Vulfpeck」のアルバムとしては2枚目?かな。
クレイジーでちょっとおバカ。けどそのおバカさも演奏力とセンスでバシッとキマっちゃう。ノリノリなファンク・サウンドはもちろんですが、幅の広い音楽性と遊び心でノリノリな中でも色んな顔を見せてくれます。とにかく楽しい!そして自由!様々なアーティストをこれでもかと参加させてるのもこの自由で面白いサウンドに繋がっているのでしょう。もこもこベースとタイトなドラムの絡み、もうたまらなく気持ちいっす。
それとYouTubeにあがってる曲のサムネイルがどれも素晴らしい!ジャケもそうだしこの新譜に合わせて踊り続ける動画とか凄まじいセンスを持った人たちなのでしょう。そういやSpotifyに「無音アルバム」を出して話題になったりもしましたね。

VULFPECK /// Daddy, He Got a Tesla
https://youtu.be/8DRCGcuByQc







以上です。
11月分こそすぐに出せるよう頑張ります。
年間ベストなんかも書こうかなって思っております。
それではまた来月!いつもありがとう!



おすすめ音楽記事
今月、こんな音楽聴きました。Vol.1(2016/5)
先月、こんな音楽聴きました。Vol.2(2016/6)
先月、こんな音楽聴きました。Vol.3(2016/7)
先月、こんな音楽聴きました。Vol.4(2016/8)
【発掘】先月、こんな音楽聴きました。Vol.5(2016/9)


Pickup

おすすめ記事
関連記事



Comments

[ 36129 ] by
John Doe
 20:23 on 2016-11-25
待ってました
[ 36132 ] by
John Doe
 21:24 on 2016-11-25
待ってた!NxWorriesやばい。
[ 36136 ] by
John Doe
 22:29 on 2016-11-25
管理人はどうやってこういうバンドと出会うんですか?
CDは購入派?youtubeでひたすら漁る?
[ 36137 ] by
John Doe
 22:45 on 2016-11-25
すばらしい
[ 36138 ] by
John Doe
 23:09 on 2016-11-25
cryingのテプレシエーションギルド感すこ
[ 36140 ] by
John Doe
 23:27 on 2016-11-25
Lemon Twigsはよく名前みるなぁ
来るかもなぁ
[ 36143 ] by
John Doe
 23:51 on 2016-11-25
いつもありがとうございます
[ 36144 ] by
John Doe
 00:00 on 2016-11-26
今回は有名所ばかりやね。
[ 36152 ] by
John Doe
 02:03 on 2016-11-26
Vulfpeckのグルーヴヤバイね
他あんまりピンとこなかったけどこれだけは久しぶりに良い音楽聴けたと思って満足した
ありがとう
[ 36155 ] by
John Doe
 03:54 on 2016-11-26
36136さん
nichemusic、indienativeというサイトがおすすめですよ。
またbandcampや海外の音楽reviewサイト(pitchfork, gorilla vs bear, stereogum)などもいいですよ
[ 36164 ] by
John Doe
 12:53 on 2016-11-26
Lemon Twigsいいな。40代なのに反応してしまった。40だからか。
[ 36182 ] by
John Doe
 22:12 on 2016-11-26
Lewis Del Marは今まで紹介された中では1番有名かな? 普通に大好き。来日しろ。
Lemon Twigsも好みだなー。残りもちゃんと聴き込まないと…

[ 36187 ] by
John Doe
 01:00 on 2016-11-27
Lemon Twigsはカンタベリー系のジャズロック思い出すなぁ
[ 36192 ] by
John Doe
 04:05 on 2016-11-27
俺もVulfpeckがよかったな
最近ファンクソウル系の黒いビートを欲してるわ
[ 36288 ] by
John Doe
 10:49 on 2016-11-28
The Lemon Twigsはガチで天才だよな…今年というか結構NYから面白いバンドが生まれていってる気がする
[ 36292 ] by
John Doe
 15:02 on 2016-11-28
よく聴いている人の意見は参考になる
5組のバンドが自分的にヒットしました
来月も楽しみにしてます
[ 36405 ] by
名無しさん
 15:32 on 2016-11-30
いっぱいありすぎて困っちゃう
[ 36590 ] by
John Doe
 12:26 on 2016-12-03
gurrってのは日本で言うhomecomingsみたいな感じか?
[ 36591 ] by
John Doe
 12:46 on 2016-12-03
dd.dumboはtalkingheadsからの流れを感じるね
脈々と受け継がれて行くんやなあ


※コメント欄には禁止ワード(不適切な単語やhttpなど)が設定されています。また、管理人が不適切と判断したコメントは削除することがあります。
最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。