Queenのメンバーごとの曲で打線組んだ


Category 洋楽アーティスト別
5246.jpgPhoto:DailyUpvote
1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:28:44 ID:30J

まずブライアン




S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



おすすめ記事

※記事内の曲はプレイリストにしてまとめてあります(記事下)。BGMにでもどうぞ。

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:28:44 ID:30J

まずブライアン

1(三)We will rock you (News of the world)
2(遊)Brighton rock (sheer heart attack)
3(中)Keep yourself alive (QueenⅠ)
4(一)Tie your mother down (A day at the races)
5(右)'39 (A night at the opera)
6(二)Good company (〃)
7(左)All dead all dead (News of the world)
8(捕)White Queen (QueenⅡ)
9(投)Teo torriatte (A day at the races)





引用元: Queenのメンバーごとの曲で打線組んだ



16: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:40:42 ID:30J

no title

no title


ブライアンの写真2つ





2: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:29:51 ID:30J

「We will rock you」

直訳すれば「お前を揺さぶってやる!」
ただrockには動揺させるとか感動させるという意味もあるので「お前をアッといわせてやる」でもいいかも。

間違いなくQueenで最も有名な曲、数秒聴いたら誰でも「ああ聞いたことある」となるやろ。
例えQueenを知らなくても。

この曲といえばなんといっても「ドン・ドン・チャ」この音は手と足で鳴らしたのを何度も録音したもの、
最後のギターと声以外は全て手と足で鳴らしたもの。
そんな革新的な曲を保守的、オールドスクールな印象のブライアンが作ったのは意外やな。

https://youtu.be/-tJYN-eG1zk
Queen - We Will Rock You (Official Video)





3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:31:01 ID:30J

「Brighton rock」

タイトルのブライトンとはイギリス南部のリゾート地、ロックは歌詞に出てくる「岩」や音楽のジャンルもあるけどここでは棒状の固い飴のこと。
イギリスでは地名の後にrockとつけたご当地商品があるとのことで、Brighton rockという商品もあるそう。

ジミーとジェニーの不適切な関係の物語、それぞれの立場をフレディがファルセットと地声で歌い分けるんやが、
最大の見せ場がファルセットから地声に移るところ、'magic in the air'のmagicの中の「ジ」の所で地声に移るんやがここがすごい、
まさにシームレス。フレディの歌の中でも最も滑らかなんじゃと思うくらい滑らかに切り替わっている。
そしてキャッチーなサビ、これぞQueenという感じでたまらなく魅力的。
しかし曲全体の印象は「惜しいなあ」という感じ。その理由はギターソロにある、別に演奏が悪い訳じゃない。
ギターソロが長いんじゃ。長すぎるんじゃ。
もう少し上手くまとまっていたらブライアンの最高傑作の一つと言えそうなのに、そこだけが惜しい。

https://youtu.be/BUt_7TQCWtU
Queen - Brighton Rock (Official Lyric Video)





4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:31:36 ID:30J

「Keep yourself alive」

記念すべき最初のシングル、初期のライブでの演奏頻度も高い人気の1曲。
タイトルは「お前、頑張れよ!」といった感じか。邦題が「炎のロックンロール」だと聞いたことがある、
さすがに嘘でしょう。だってどうやってもそうならないもん。
多重録音、ギターオーケストレーション、そのうえドラムソロとQueenの魅力をぎゅっと詰め込んだ曲。
特にフレディの畳み掛けるようなボーカルが素晴らしい、さらにブライアンがソロで歌うパートもある、
成功を目指し登場持つものをすべて詰め込んだんやろなあ。

https://youtu.be/JofwEB9g1zg
Queen - Keep Yourself Alive (Official Video)





5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:32:23 ID:30J

「Tie your mother down」

タイトル?知らん。ブライアンは3rdアルバムからロックンロールを書いててその3つめ、
いずれも“不良の振りするがり勉君”という雰囲気が漂っている。
しかしこの曲はそういう曲の中では一番好き、理由はフレディが素晴らしい、それに尽きる。
ブライアン曲では珍しくフレディにとって無理のない音程でボーカルフレディの魅力が余すとこなく発揮されてる、
伸び伸びと歌っている印象。
歌詞?それも知らん、英語が少ししか分からないとこういう時ええな。

https://youtu.be/LvB2MnIIdMw
Queen - Tie Your Mother Down (Official Video)





6: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:33:13 ID:30J

「'39」

タイトルは恐らく未来の39年、Queenの39個目の曲というのもあるかな。
恐らくブライアンの歌では一番有名な曲。
ジャンルはスキッフルというものらしい、
スキッフルとはいわゆるフォーク+カントリー+ブルース+デキシーランド÷4のようなタイプの音楽。らしい
ブライアンの歌もコーラスも素晴らしいがこの曲はなんといっても詩の世界。

温暖化が進んだ未来、宇宙に新天地を求め妻子を残し旅立った志願者たち、
1年程経って新天地を見つけ地球に帰ってきた、しかし彼等が宇宙に1年程いる間に地球では100年が経ち39年となっていた、当然愛する妻はいない。

という悲しい物語。
相対性理論に基づく時空の歪みに翻弄された愛、と言うことかな。
天文学者のブライアンならではの物語。

https://youtu.be/kE8kGMfXaFU
Queen - '39 (Official Lyric Video)





7: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:34:24 ID:30J

「Good Company」

タイトルは最初「いい会社」だと思ってた、まあ間違いじゃないけど。
前半(父親の教えパート)では仲間、後半(自分の人生パート)では会社を意味してる。
ウクレレも活躍してるがなんといっても、ブライアンのギター(レッドスペシャル)で模した管楽器の音、
クラリネット、トロンボーン、トランペットになりきった演奏は見事。
なんともぼやけた感じの歌もブライアンらしい。
しかしそんな楽しい音楽に乗る歌詞は、仕事に人生を賭けて成功したものの引退したら妻も失った男の物語。
ブライアンはどういう意図でこの歌詞を書いたんやろうか。

https://youtu.be/XQo5tqwAwgE
Queen - Good Company (Official Lyric Video)





8: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:36:03 ID:30J

「All dead All dead」

タイトルはそのまま訳すとあれなんで「もうどこにもいない」くらいにしましょう。
「news of the world」の数少ないオアシス、ブライアン曲の中でもトップ5に入る名曲。
ブライアンが弾く淡い水彩画のようなピアノ、優しい歌声、ギターオーケストレーション、フレディのバックコーラス
どれをとっても素晴らしい。
主役となるピアノやがこれまでのブライアンのピアノ曲と比べると随分複雑やね、
そして'all dead all dead'のサビで登場するリズム隊もムードを壊さずしっかり演奏をサポートしている。
そしてなんといってもギターソロ、
ブライアン渾身のギターオーケストレーションは、ブライアン最高のパフォーマンスやないか?
もういなくなってしまった“彼女”を思う歌詞やが、この曲の“彼女”とはブライアンが少年時代に飼っていた猫だそうな。

https://youtu.be/ZSG_mZaogsc
Queen - All Dead, All Dead (Official Lyric Video)





9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:36:44 ID:arJ

一般人はブライアンとフレディしか知らない説





11: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:38:13 ID:30J

>>9
ブライアンも知らないんじゃない?





10: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:36:48 ID:30J

「White Queen(as it began)」
タイトルは「白の女王(それが始まりのときのように)」

ワシの思う最高のアルバム「QueenⅡ」前半のハイライト。
初期のライブの定番、特にa night at tha Odeonのパフォーマンスは素晴らしい。
かつて身近な存在だったが、王位を継承したため遠い存在となったWhite queenへの思い(片思い?)を悲しげなメロディーに乗せて。
それを歌うフレディの表現力はお見事、この頃の瑞々しい声がまたええんや。
そしてなんといってもブライアンのギターソロ、
特にファンファーレ風のギターとそこからの盛り上がりが素晴らしい、
まさにこの曲のクライマックス。
個人的にはブライアン曲の中でもかなり上位に位置付けられる一曲。

https://youtu.be/Nx_SVPiXnWM
Queen - White Queen (As It Began) (Official Lyric Video)





14: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:39:40 ID:30J

「Teo torriatte(let us cling together)」

言うまでもなく「手をとりあって」括弧の方は「共に寄り添いあって」どちらでもOK。
なんとなんとタイトルとサビに日本語が、Queenから日本のファンへのとんでもないプレゼント、日本語のアシストはChika Kujiraokaという方だそうです、素晴らしい訳に感謝感謝。
「dear frieads」(3rd)のような小曲はあったものの、本格的なピアノバラードはブライアン初。
切々と恋人への思いを綴る前半は、まさに透明感というのがピッタリ、
この頃ブライアンが結婚したのも反映されてるのかな。
一方後半のハードパートの歌詞は…どうもよく分からん。
まあいいや、Queenが日本語で歌っている、それだけで十分やな。

手を取り合って
このまま行こう
愛する人よ
静かな宵に光を灯し
愛しき 教えを抱き

https://youtu.be/4rFMYH6tWso
Queen - Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (Lyrics)





17: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:41:29 ID:zlj

>>14
鯨岡さんは新日本プロレスの通訳さんだったんだそうな





19: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:42:58 ID:30J

>>17
はえ~そうなんか、Queenとはどういうつながりだったんやろか





24: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:46:18 ID:zlj

当然のように地獄へ道連れがなくていいね
>>19
当時クイーンのプロモートを渡辺プロがしてて
新日の外人レスラーの交渉とかも支援してたとかなんとか
で繋がりがあったとかなんとか





30: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:50:31 ID:30J

>>24
「地獄への道連れ」は全然合わんなあ、何で大ヒットしたんやろか





34: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:52:50 ID:zlj

>>30
当時アメリカでああいうのが流行ってたのもあるみたいやね
ホットスペースが早すぎたとか言われてるけど
時流をよく見てたってことなんやろね





35: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:53:08 ID:ZZh

>>30
アメリカで流行るのはなんと無く分かるやろ





18: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:41:52 ID:30J

ジョンとロジャーは連合軍で

1(中)You and I (A day at tne races)ジョン
2(二)Misfire (Sheer heart attack)〃
3(三)I'M in love with my car (A night at the opera)ロジャー
4(左)Spread your wings (News of the world)ジョン
5(一)The loser in the end (QueenⅡ)ロジャー
6(右)In only seven days (Jazz)ジョン
7(遊)Radio Ga Ga (The works)ロジャー
8(捕)You're my best friend (A night at the opera)ジョン
9(投)Drowse (A day at the races)ロジャー





41: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:00:18 ID:30J

no title

no title


ジョンもけっこうかわいいやろ
地味やけど





44: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:03:09 ID:30J

no title

no title


かわいいロジャー





20: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:43:02 ID:ZZh

アナザーワンバイツァダストってジョンだっけ





21: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:43:36 ID:30J

>>20
そうやで、個人的な好みで打線には入れませんでした





22: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:45:10 ID:30J

「You and I」

タイトルは「君と僕」

ジョンの曲の中でもかなり上位、一二を争う好きな曲
実に軽快で爽やかなポップ・ロックソング。
この頃といえば「オペラ座の夜」のヒットや後で触れる悪徳マネージャーと手を切ったことで生活にゆとりができて、一方私生活では長男が産まれたりと
当時の充実ぶりが窺える曲調。
そんな中歌われるのはジョンが描くラブラブワールド。
QueenっぽいようでQueenっぽくない、そんなジョンを皆で盛り立てようと協力してる感じ。
そんな皆の姿勢がジョンを成長させていくんやね。

https://youtu.be/ir05RhMqpPI
Queen - You and I - (Official Lyric Video)





23: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:46:12 ID:30J

「Misfire」

記念すべきジョンのデビュー作、そんな曲のタイトルは「不発」…デビュー曲で不発って…。
最初からQueenに無いものを入れてくるジョン、ラテン系の明るい音楽に

Don't you misfire
(失敗しちゃだめよ)
Fill me up with the desire to carry on
(果てしない欲望で私を満たして)

で始まる際どい歌詞、それまでのQueenでは想像も出来ない曲。
この頃ブライアンが肝炎で入院してたため、この曲はほとんどフレディ・ロジャー・ジョンの3人で作ったらしい、帰ってきたブライアンは相当驚いたであろう。
そんなジョンが後にQueenを代表する曲を創るとは誰も想像してなかったやろなあ。

https://youtu.be/5eF232ooYT0
Queen - Misfire (Official Lyric Video)





25: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:46:50 ID:30J

「I'm in love with my car」

ロジャー登場、タイトルは「俺は愛車にぞっこん」
ロジャーって車好きだったのね、そういえば前のアルバムの「tenement funster」でも車が出てきたっけ。
この曲の案をきいたブライアンは冗談だと思ったとか。

彼女に「新しいキャブレターを買ってくれ」といったら呆れて出て行かれ、
その後

Cars don't talk back
(車は口応えなんてしないよ)
They're just four wheeled friends now
(あいつらは車輪のついた友達なんだよ)

ブライアンじゃなくても冗談だと思うわ。

そしてこの曲はライブで唯一フレディ以外(当然ロジャー)が歌う曲、
何でもドラムを叩きながら歌う前提で作られた曲だとか。
なおライブの時フレディはピアノで演奏をサポートしております。

https://youtu.be/oaEM4JYFPfw
Queen - I'm In Love With My Car (Official Video)





27: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:49:20 ID:30J

「Spread Your Wings」

タイトルは「君の翼を広げて」邦題は「永遠の翼」
ジョン曲では一二を争う好きな曲、つまり「you and i」とツートップ。
Queen初の全くコーラスのないシングル曲で、所謂「Queenらしい」曲ではないけれど、初期のファンからの評価も高い一曲。
フレディの歌い方もファルセットのない叫ぶような歌い方でワイルドな印象。
PVではジョンがピアノを弾いているがスタジオ、ライブともにピアノを弾くのはフレディ。
そんな中歌われるのは、恵まれない状況から成功を夢見て一歩を踏み出そうとする青年sammyのストーリー。
インテリ揃いのQueenには似つかわしくない気がするが、唯一当てはまるとすればフレディだろう、これまで波乱の人生を送ってきたフレディがsammyに亡命してきた当初の自分を重ねたんかなあ、とワイは勝手に思っている。
ちなみにワイは“この曲”の叫ぶような歌い方には悪い印象は持ってないで。


https://youtu.be/uyd6OLyhPJo
Queen - Spread Your Wings (Official Video)





31: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:51:54 ID:qCn

おんJって定期的にクイーンスレ立つよな





33: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:52:43 ID:30J

>>31
12月のはワイのやで、少し前にも一つあったな





32: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:51:59 ID:30J

「The loser in the end」

実にロジャーらしい1曲、空気の読めないところも含めて。
タイトルは「結局負け犬」
ロジャーは常にリアル、ファンタジーの世界ではなく、どこにでもいる母親と息子の物語。
前半は息子が去ってしまい途方に暮れる母親の描写、そしてラストに

She's Ma on whom you can always depend
(彼女は、君がいつだって頼ることのできる母親なんだから)

と息子に呼びかける。
後半は母親へのメッセージ、そのラストを

You're Ma on whom they can always depend
(あなたは、彼らがいつも頼りにしている母親なんだよ!)

と締めくくる。
最後のはなかなかの名文句。
ロジャーの経験と自分の母親へのエールなんやろか。

https://youtu.be/-IzXzHtvgE8
Queen - The Loser In The End (Official Lyric Video)





36: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:55:13 ID:30J

「In only seven days」

タイトルは「たった7日のうちに」

今度ジョンが描くのは一週間の休暇を得てバカンスにいった男の短い恋の物語。
これはバラードなのかな?
フレディともブライアンとも違う雰囲気、
前の「spread your wings」と同様にハーモニーがほとんど(全く?)無いことでフレディの声の良さが引き立ってる気がする。
ギターソロも素晴らしい、ブライアンのギターとピアノバラードとの相性は抜群。
一週間のうちの出会いと別れという通信手段の発達した今では考えられないストーリー、どっちの方がええんやろうか。

https://youtu.be/aIX-phby-Ts
Queen - In Only Seven Days (Official Lyric Video)





37: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:55:42 ID:7Tu

神スレ





39: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:57:47 ID:30J

「Radio Ga Ga」

タイトルの由来は、ロジャーの子がまだ赤ちゃん言葉の頃、ラジオを聴いていて「ラジオ、カカ」(Radio caca) と言ったことに
発想を得たものだという(caca は幼児言葉や隠語で「うんち」を意味することもある)。
彼は後にこの「caca」を「夢中になる」「熱狂的な」という意味の「ガガ」(ga ga) に改めて曲名とした。(Wikipediaより)
レディーガガの名前の由来となったとことでも有名。
ロジャー初の大ヒット曲。時代がテレビ・ビデオへと変わってゆく中でもラジオに頑張って欲しい、
というラジオへの応援歌。
しかしこれをロジャーが作ったとはねえ、あの空気の読めないロケンロー野郎が成長したんやなあ。

https://youtu.be/azdwsXLmrHE
Queen - Radio Ga Ga (Official Video)





26: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:47:14 ID:zCp

レディオガガほんますこ





40: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:58:58 ID:30J

「You're my best friend」

日本語にしなくてもいい気がするけど「君が一番の親友」

ジョン2曲目で初のヒット曲。
この年(1975)の1月に結婚したジョンが奥さんに捧げた曲だとか。
ポップなメロディーにメロメロで甘い言葉の連続、
ジョンがこんな詩を書くとはねえ、地味な顔だけど言うことは言うんやねえ。
PVでジョンが弾いているのはエレキピアノ、これを弾くのをフレディが嫌がったためジョンが弾いたそう、実にフレディらしい。
なおライブになるとフレディが普通のピアノを弾いております。

https://youtu.be/HaZpZQG2z10
Queen - You're My Best Friend (Official Video)





28: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)20:49:21 ID:6lu

ユアマイベストフレンドすこ





42: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:01:39 ID:30J

「Drowse」

タイトルは「まどろみ」か「居眠り」ロジャーの進歩が感じられる曲。
「loser in the end」でも書いたようにロジャーの歌詞はいつも現実的、
打線には入ってない「Sheer heart attack」の「Tenement funster」では現状への不満をぼやいておった。
そしてこの曲。
ここまで必死に突っ走って掴んだ成功、ここらでちょっと一息、という感じのなんともユルいムードの曲。
そのユルいムードがマイナスになってないのがロジャーの成長なんやろなあ。
曲の最後に呟きが入るが

I think I'll be Clint Eastwood
(クリント・イーストウッドみたいになりたいな)
Oh no, Jimi Hendrix, he was good
(いやあ、ジミ・ヘンドリクスもかっこよかったね)
Let's try William The Conqueror
(征服王ウイリアムってのはどうだ)
Now who else do I like?
(え、他に誰が好きかって?)

ロジャーの憧れの面々なんやろうか。

https://youtu.be/JcXxYWEbBEE
Queen - Drowse - (Official Lyric Video)





43: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:02:24 ID:it8

ロジャーが来日した時痴漢されたったマジ?





46: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:05:40 ID:30J

>>43
まさかあ

嘘やろ?





70: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:27:03 ID:zlj

>>46
GH3のブックレットにメキシカンハット被ったロジャーがおるんやけど
女の子にしか見えんよ

no title





45: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:05:09 ID:30J

続いてフレディ

1(中)MUSTAPHA (Jazz)
2(左)Bicycle race (〃)
3(一)Death on two legs (A night at the opera)
4(三)Ogre battle (QueenⅡ)
5(遊)The fairly feller's master-stroke  (〃)
6(右)Good old fashioned lover boy    (A day at the races)
7(二)Somebody to love    (〃)
8(捕)You take my breath away (〃)
9(投)Bohemian rhapsody   (A night at the opera)





47: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:07:15 ID:30J

no title

no title


けん玉フレディ





48: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:07:21 ID:k3J

若い頃のフレディマーキュリーホンマ美しい
なおその後胸毛おじさんになった模様





52: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:09:59 ID:30J

>>48
本当に男前やなあ、ワイの好みや
後期のは後期ので魅力的





49: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:08:54 ID:ZZh

まさか4番で出てきてくれるとは
感謝





54: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:12:05 ID:30J

>>49
「Ogre battle」かな?
趣味が合う人とはとことん合いそうやな





55: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:12:34 ID:ZZh

>>54
せやでワイも大好きや





53: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:10:57 ID:30J

「Mustapha」

まず最初に、この曲はネタじゃありません。

タイトルはアラブ圏の男性の名前で、歌詞はアラビア語、ペルシャ語、英語、あと謎の言語。
このような言語を使ったことについて、フレディの出自と関係ある説があったらしいが、ワイは歌詞に特に意味はないと思っている、理由はYouTubeの公式ビデオがmontage videoつまりインストと同じ扱いになってるから。
フレディ曰わくアラビア風ロック、随所に「Queenらしさ」が散りばめられている。
なんといっても終盤が聴きどころ、ベルと痙攣のように駆け上がるギターが印象的、
そして締めくくりは「ムスタファァァァ」の分厚いコーラス、音の重なりが最高、痺れる。
「news of the world」で情熱を失いかけてるように見えたフレディが情熱を取り戻したように思える1曲が先頭打者

https://youtu.be/5-zh0a6nDTo
Queen - Mustapha (Official Montage Video)





56: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:14:06 ID:30J

「Bicycle Race」

これもPVと歌詞の一部のせいでネタと思われそうだけど違う、これは名曲なんや、
ワイの中では5本の指に入る名曲なんや。

これが収録されている「Jazz」の制作作業の前半が行われたフランスのニースで見たツールドフランスが創作のきっかけとなったのは有名な話。

まずこの曲の顔といえる「bicycle bicycle bicycle」のコーラスで始まり、
次のヒップホップパートへ、このパートは2回ありどちらも言葉遊びが展開されているが今までとは雰囲気が違う。
人種を連想させるもの、宗教的なネタ、ベトナムやウォーターゲート、当時の流行りものに触れたりと生々しい皮肉で成功を
目指していたであろうアメリカに毒づき、「そんなのどうでも良いから自転車だ!」
それがフレディ流の皮肉なのかな?
勿論ブライアンも素晴らしい。特にソロ、何本もギターを重ねたソロは最高。
所謂「Queenらしさ」にヒップホップ風の掛け合いという新しいものを組み込んだまさに時代の先ゆく名曲。

https://youtu.be/GugsCdLHm-Q
Queen - Bicycle Race





72: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:28:35 ID:zlj

bicycleraceは昨日もAMでフルコーラスかかってたよ





57: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:14:29 ID:zCp

ワイ、クイーンファンになる





59: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:16:44 ID:30J

「Death on two legs」 (dedicated to...)

タイトルは「二本足の死神(に捧ぐ)」
誰に捧ぐかというと「you and i」でも触れた悪徳マネージャーこと
トライデント社(マネージメント会社)のノーマン・シェフィールド。
「killer queen」が大ヒットしたにも関わらず不利な契約のためお金は上に取られており生活は苦しいまま。
そんな不満が怒りへと変わりそれが爆発したのがこの曲。
終始罵詈雑言のオンパレード

You've taken all my money
Big talking, small fry
Do you feel like suicide?

こんな歌詞が最後まで続く、そら訴えられますわ。(名誉毀損で訴えられました)
しかしそんな怒りの塊をカッコイい曲に仕立て上げてしまうフレディ、やっぱり天才やな。
まず幻想的、しかし不安感を煽るピアノでスタート。その後一旦音が途切れてから再登場するピアノ、
このフレーズがメインと言っていいくらい耳から離れないフレーズ。
そしてイントロを締めくくるはブライアンのアラビア風フレーズ、とにかくイントロから強烈。
全体的に何か変なのにかっこよくてハーモニー満載、「Mustapha」と同じ感じの癖になる曲、これぞQueen。

https://youtu.be/kqVpk0qxmfA
Queen - Death on Two Legs (Official Lyric Video)





63: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:18:28 ID:6Qa

killer Queenマジですこ





61: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:17:14 ID:hl8

おんJに洋楽好き少ない...少なくない?
ワイはOne VisionとGood Old Fashioned Lover Boyすこ





67: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:22:29 ID:30J

>>61
少ないんかなあ、時折スレは見かけるけど
lover boy はワイも大好きやで





62: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:17:29 ID:xUo

ホ○の人しか知らん





65: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:20:14 ID:30J

>>62

no title

no title


フレディ
ブライアン
ジョン
ロジャー
皆魅力的やで





68: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:23:29 ID:30J

「Ogre battle」

邦題は「人喰い鬼の闘い」

ここから「QueenⅡ」の後半、はまったら抜け出せないブラックサイドへ。
まずこの曲といえばイントロ。なんと最後の部分の逆回転で始まる、
徐々にボリュームの上がる銅鑼もロジャーの絶叫もギターもドラムも逆回転、それが正回転へと戻り
人喰い鬼の叫びを模したコーラスで物語は始まる。
老人がずっと昔のおとぎ話を語るシーンから、
この中の 「When the piper is gone (1'07'') 」の所のフレディの力強い歌声がたまらん。
そして鬼が現れて'Now the battle is on'さあ戦闘開始!
この2分30秒からの戦闘シーンの軽快さが素晴らしいんやがライブだとこの軽やかさが削がれてしまうのが残念。
やがて闘いは終わる、しかし 「Ogre Battle lives for ever more」闘いは永遠に続くようや。
締めくくりはイントロと同じ 叫び声を打ち消す銅鑼の音。

次も「Ⅱ」から、抜け出せないこっちの世界へいらっしゃ~い
https://youtu.be/7p-5CgWP7Iw
Queen - Ogre Battle (Official Lyric Video)





66: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:20:53 ID:Pl1

オウガバトルってアーッ!ってやつか





69: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:27:01 ID:30J

>>66
>>68のイントロ、ラストなどで出てくるで、やっぱりインパクトが強烈やな
なんでこの名曲の知名度が低いんや(憤怒)





71: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:28:06 ID:30J

「The fairly feller's master-stroke」 

多分この打線で最も知名度の低い曲。しかし最もすごいのもこの曲だと思っている。

邦題「フェアリーフェラーの神技」というのはなかなかいいね。
リチャード・ダッドの同名の絵からインスピレーションを得て、この曲を作り上げたといわれる。
妖精の男が胡桃を割る場面を描いたものやが本当に複雑で緻密、この曲も負けず劣らず複雑。
冒頭から左右で鳴り響く楽器の音で塗り重ねられており、まるで妖精の世界に迷い込んだよう。
そしてフレディ、主にフレディ1人で重ねたコーラスや様々な歌い方で妖精の世界を表現する、
特に
'And a satyr peers under lady's gown'

のファルセットは本当に美しい、これがライブで使えればなあ。
そして最後に残るは次の物語(nevermore)へ聴衆を導くようなピアノだけ。
しかしこの曲、Queenの作品のなかでも類を見ないくらいてんこ盛り、
しかもそれをわずか2分47秒の中に押し込んだ、まさに神技。

https://youtu.be/IGNILpVcgz4
Queen - The Fairy Fellers Master-Stroke (Official Lyric Video)





73: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:28:41 ID:30J

そのモチーフとなった絵を描いたリチャード・ダッドについて少し。
1817年イギリスで産まれたダッドは13歳で絵を描き始め、20歳で美術学校に入る、しかし1842年の旅行中に精神に異常をきたしはじめる。
そして翌年に自らの手で父親を殺害しそれ以降の人生のほとんどを病院で過ごした。
そんな男の描いたものにフレディは何を感じたんやろうか。

at the rainbow1974 
https://youtu.be/NluN7URbsS0
Queen - Fairy Feller's Master-Stroke (Live @ the Rainbow 1974)





74: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:29:39 ID:30J

no title


リチャード・ダッドの
fairly fellers master-stroke





78: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:34:09 ID:gp7

ワイInnuendoがたまらなく好き
あそこからさらに進化していくQueenを見たかった





79: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:34:49 ID:30J

「Good old fashioned lover boy」

タイトルは「いかすね、古いタイプの色男」ワイのことやn、
主人公は歌い手と考えれば色男=フレディかな?

ポップなフレディ炸裂。皆のバランスが実に良い。
そんな中フレディが情熱的な色男になりきって歌う、本当に魅力的。
1'44''からの
hey boy where do you get it from
hey boy where did you go
の所はエンジニアのマイク・ストーンが歌ってるそう。
そしてブライアンのギターソロ、例によっていくつかギターが重ねられていてまるでギターとギターで掛け合いをしてるよう、当然ライブでは再現できないがライブのはライブので魅力的。

歌詞に「 Be your Valentino just for you」とあるがこのValentinoは恐らく
1920年代の俳優Rudolph Valentinoのこと。31歳で没、男前ね。
そういえばバレンティノはバイセクシャルの噂が絶えなかったとか。

ライブでもクオリティの高い演奏がいくつかあるが「 Set my alarm, turn on my charm 」
の所がラッパッパッパになってる、なんでや。

https://youtu.be/iNuN6k8GE1c
Queen - Good Old-Fashioned Lover Boy (Lyrics)

Queen - Good Old Fashioned Lover Boy (Top Of The Pops, 1977)





85: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:40:24 ID:zlj

ウ~ラァ♪
ウ~ラァバァボーイ♪
ワッチュドゥーイントゥナイ♪
ヘッボーィ♪





86: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:41:57 ID:gp7

>>85
Good Old Fashioned Lover Boyの軽さ好き





87: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:42:05 ID:30J

>>85
本当に名曲やなあ
でも ラッパッパッパ の謎が全然解けん





83: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:37:59 ID:30J

no title


男前なRudolph Valentino





84: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:39:37 ID:30J

「Somebody to love」

タイトルは「愛すべき人」

Queen初の黒人音楽(ゴスペル)への本格的なアプローチ。
そのゴスペルという土台の上で自由自在に飛びまわるフレディのボーカル。
それがこの曲最大の魅力やな。
フレディが主人公を演じ、コーラスが天使として神と主人公の間を行き来する。
主人公に二人称で語りかけたり、神に主人公のことを伝える際は三人称で主人公を描いたりと言った感じ。
そしてフレディ最大の見せ場はギターソロ前、スリルたっぷりに言葉を畳み掛けてくる所。
本当に当時は充実してたんやろなあ。

ところでこの曲は当然(ゴスペルなんで)キリスト教に深く関わっている、
フレディはゾロアスター教徒だったはずやがどういう風にこの曲の世界観とフレディが関わっているんやろか。

ちなみに「made in heaven」に収録されている'let me live'が'another Piece of my heart'という名でこの頃には
レコーディングされていたそうな、正統派ゴスペルといった感じの曲、
もし収録されていたら大分ゴスペル色の強いアルバムになってたやろなあ、もしかしたらその後のQueenも変わってたかも?
まあ「in the lap of the gods」(神のみぞ知る)。やな


https://youtu.be/kijpcUv-b8M
Queen - Somebody To Love (Official Video)





89: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:44:09 ID:30J

「You take my breath away」

タイトルは「あなたはいつも私をドキッとさせるの」

フレディのピアノバラードといえば前のアルバムの「love of my life」が有名だがこの曲も全く劣らない。
ほぼ全てがファルセット、しかし美しいというよりゾクゾクとするような感じ、コーラスもフレディ一人の多重録音。
フレディ以外に登場するのはブライアンのギターソロと二回目のサビに出てくるシンバル(恐らくロジャー)のみ。
そして歌われる世界はピュアなラブソングである前作とは全く違う雰囲気、ドロッとした愛の世界。

前の曲(ブライアン打線の4番)のお気楽ムードを一掃するアカペラコーラスでスタートしてピアノ、ボーカルが登場。
息遣いが聞こえてくる、吐息のような声で背筋がゾクゾク、そしてサビへ。

I will find you?anywhere you go
(あなたがどこへゆこうとついて行く)、まるでストーカーや。
'Right until the ends of the earth'の声の力強さが印象的。ギターソロを挟み再びサビ、そして'i love you'…

しかしまだ終わらない、YouTubeのofficial videoではジョンの写真が出てくる頃から何か聞こえてくる、
そして徐々にクリアになっていくのは…'take my breath'のコーラス。
この曲の狂った雰囲気にぴったりのエンディングやな。

https://youtu.be/v_wLNqUz7pM
Queen - You Take My Breath Away - (Official Lyric Video)



76年hydeparkではちゃんとファルセットが出てるんでそちらもどうぞ
https://youtu.be/UBBne8R66xo
You Take My Breath Away (Live At Hyde Park 1976)





91: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:45:31 ID:zlj

>>89
雨の日の車で渋滞にまぎれて聞くのがぴったりの曲





98: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:50:09 ID:30J

>>91
紛うことなき名曲やな、最高のバラードと言っても過言ではないやろ「Love of my life」と比べても





92: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:45:51 ID:30J

no title


ピアニストフレディ、多分A night at the odeonのとき





100: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:52:59 ID:30J

「Bohemian Rhapsody」

さあ、ついに登場。
「放浪者の狂詩曲」

ザンジバルで産まれ、学生時代の大半をインドで過ごし、戻ったザンジバルで
起きた革命から逃れてイギリスに亡命してきた彼自身こそ“Bohemian”
“Rhapsody”(狂詩曲)とは 自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲。
この曲のようにメドレーのような構成になっている曲も多いとか。
全体の構成はドストエフスキーの「罪と罰」をモチーフにしてるといわれている。

冒頭は(多分)フレディ一人で多重録音したアカペラ、達観したような視点からの言葉。
そしてバラード、このパートの最初が有名な(?) "Mama, just killed a man"で始まる。
ギターソロを挟みオペラ、ここではフレディ単独のときは“I”(主人公)でコーラスの時は第三者の視点となってる、これは「somebody to love」も同じやな。ロック、バラードと展開して行き最後は“anyway the wind blows”
と銅鑼の音で締めくくる。    (いずれにせよ風は吹くんだ)

https://youtu.be/fJ9rUzIMcZQ
Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)





102: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:54:26 ID:zlj

>>100
TOYOTAがこの曲のママァ~の辺りをCMに使ってたのは
草生えまくったわ





105: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:55:53 ID:30J

>>102
これCMに使えるんか?





108: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:57:25 ID:zlj

>>105
今から15年くらい前かな?
曲の雰囲気だけで当て込んだんやろなぁ





101: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:53:53 ID:30J

そしてその歌詞やが。
人を殺して後悔する男の物語だが、本当にそのまま受け取っていいのか?
そんな単純な詩を書いたっけ。
そういえば1975年、フレディのバイセクシャルが始まったと言われるのがこの年。
その同性愛を告白した曲、というのがメジャーな解釈でワシもそう思っている、そう思うと歌詞がリアルな物に聞こえてくる。
例えば'just killed a man'はバイであることを隠していた自分を殺して本当の自分と向き合う、とも取れるし

Anyway the wind blows, doesn't really matter to me,
(いずれにせよ風は吹くんだ、そんなことはたいしたことじゃない)
To me
(僕にはね)

ここの「風」を風当たりのような世間の反応、と取れば「何か言われるだろうが僕には関係ない」
という開き直りにも聞こえてくる。

全部妄想なんでこんな意見もある、というくらいにとってくださいませ。
しかしこの曲が世界中で大ヒットしたというのが信じられない、普通なら一般受けする曲じゃない。
フレディの心の叫びが響いたんかなあ。





103: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:54:46 ID:MnH

>>101
はぇ~そういう見方もあるんか





107: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:57:17 ID:30J

>>103
あくまでワイの妄想や
名曲やから沢山の解釈があるで





106: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:56:23 ID:it8

まあ知らん奴が聞いても完成度が高いのがわかるからな





110: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:58:56 ID:30J

>>106
本当に凄い曲やな、でも大ヒットしたのは信じられん





109: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:57:44 ID:9Us

お ま た せ

(・∀・)ガリレオ!
( ゚Д゚)ガリレヨー!
(・∀・)ガリレオ!
( ゚Д゚)ガリレヨー!
( ゚Д゚)ガリレオフィガロー!
(・∀・)マグニフィコー
オ━━(・∀・)━オ━( ・∀)━オ━( ・)━オ━(  )━━(Д゚ )━━( ゚Д゚)━━!!
(;´Д`)アイムジャスタプーアボーイノーバディラブズミー
(;´Д`)ヒージャスタプーアボーイフロムポーファムリースペーリンヒズライフロムヒズウォッツコシティ
( ゚Д゚)イジカムイジゴーウィルユレットミゴ
(・A・)ビスミッラッ!
(;´Д`)ノー!
( ゚Д゚)ウィウィルナッレチュゴ
(・∀・)レヒゴー!
(・A・)ビスミッラッ!
( ゚Д゚)ウィウィルナッレチュゴ
(・∀・)レヒゴー!
(・A・)ビスミッラッ!
( ゚Д゚)ウィウィルナッレチュゴ
(・∀・)レヒゴー!
( ゚Д゚)ウィウィルナッレチュゴ
(・∀・)レミゴー!
(;´Д`)ネバネバネバネバレミゴー!
オ━━(・∀・)━オ━( ・∀)━オ━( ・)━オ━(  )━━(Д゚ )━━( ゚Д゚)━━!!
(・A・)ノー!(`Д´)ノー!( ゚Д゚)ノー!(´ゝ`)ノー!(#゚Д゚)ノー!(;゚A゚)ノー!(・A・)ノー!
(・∀・)ママミヤママミヤ
( ゚Д゚)ママミヤレミゴー
(・∀・)ビーヤーズブハズアデボプッタサイドフォーミー
(;´Д`)フォーミー!
(;´Д`)フォーミー!





112: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:59:41 ID:zlj

>>109
久しぶりに見た

この曲歌詞抜きにしても楽曲もいいんよなぁ





121: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:09:06 ID:30J

>>112
名曲やなあ、74 75 76年頃のフレディ曲は全部凄い、「Love of my life」も打線に入れたかったなあ





111: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:59:10 ID:MnH

クイーン聞きたくなったわ
2,3,4枚目は聞いたが次は何を聞けばええんや?





114: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:02:17 ID:30J

>>111
2 3 4 は「Ⅱ」「sheer heart attack」「a night at the opera」でええな?
となると「A day at the races」やろな、フレディ曲が本当に凄いで
「Jazz」もええなあ、意外な名曲が幾つかあるで





116: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:03:40 ID:MnH

>>114
サンガツとりあえずTSUTAYAで借りてみるわ





113: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:00:44 ID:bzI

(born to love youしか知らなくては)いかんのか?





115: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:02:28 ID:zlj

>>113
そんなあなたに
グレイテストヒッツ1,2,3を





118: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:04:52 ID:30J

>>113
ええんやで、今まで挙げたのは全部名曲やから興味が湧いたの聴いてみてや





119: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:07:01 ID:30J

no title


Queenと言えばやっぱりこの写真やな
「Ⅱ」から





120: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:08:57 ID:zlj

>>119
One vision のMVでこれが年食ったメンバーになるのがいいよね
https://www.youtube.com/watch?v=5cuXasbjhT8
Queen - One Vision (Extended) (Official Video)





122: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:10:18 ID:30J

>>120
あれは見比べると凄い切なくなる写真やね





124: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:12:55 ID:zlj

>>122
中々メンバーが同じアングルで再現できることってないけど
そういう意味でもあの写真はすごいこっちゃ





123: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:11:31 ID:30J

no title


いつものセクシーショット





126: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)22:21:42 ID:30J

おまけ
「God Save the Queen」

「女王陛下に神の救いあれ」
言わずとしれたイギリス国歌
フレディ曲じゃないけどええんや。
「オペラ座の夜」という壮大なアルバムを「Bohemian Rhapsody」の後で
締めくくる大事な曲。
このアルバムと共にQueenはスターダムをのし上がっていくんやなあ。

https://youtu.be/WNkNo3WspDw
Queen - God Save The Queen [Instrumental] (Official Montage Video)





94: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:46:38 ID:P0c

いいスレンゴねぇ





104: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)21:55:21 ID:30J

>>94
ほれ、Queenファンにな~れ



プレイリスト:https://bgms.me/entries/13616



クイーンの真実
クイーンの真実
posted with amazlet at 17.01.24
ピーター・ヒンス
シンコーミュージック
売り上げランキング: 227,665

おすすめ音楽記事
Queenの曲を紹介する【戦慄の王女からジャズ中心】
Queenって歴代最強のバンドだよな
【画像】フレディ・マーキュリーのファッションセンス


Pickup

おすすめ記事
関連記事



Comments

[ 38697 ] by
John Doe
 22:23 on 2017-01-24
The March Of The Black Queenが何故一度も触れられていないのか
[ 38699 ] by
John Doe
 23:05 on 2017-01-24
70年代のアルバムばっかりじゃん
後期QUEENも聴けよ…
[ 38700 ] by
John Doe
 23:40 on 2017-01-24
クイーンファンはsweet ladyのカッコよさに全く気付かない傾向があると思う。
[ 38702 ] by
John Doe
 23:43 on 2017-01-24
12月にもクイーン曲でスレ立ててたけどかなり凝り固まった解釈というか意見持った人だよ
訳も時々変だし
[ 38704 ] by
John Doe
 23:59 on 2017-01-24
38699
ほんとそれな
後期を丁寧に解説してくれる奴はおらんのか
もちろんベスト収録曲以外の
[ 38727 ] by
John Doe
 12:34 on 2017-01-25
まあ音楽への評価はほとんどが主観によるものだろうから鵜呑みにはしちゃいけないってことだろうな
[ 38738 ] by
John Doe
 17:40 on 2017-01-25
ジョンファンのワイ、ロジャーと一緒にされてご立腹
[ 38743 ] by
John Doe
 19:52 on 2017-01-25
フレディのバルセロナは至高やぞ
[ 38746 ] by
John Doe
 20:35 on 2017-01-25
長くクイーンファンやってるけど
フェアリーフェラーのライブバージョンを聞いた時は鳥肌立った

※38702
またお前かって感じだよな
去年のQ+AL行ってなさそう
[ 38752 ] by
John Doe
 22:02 on 2017-01-25
レディオガガ以外はジャズ収録曲までしか挙がってないし、
イニュエンドウについてのレスに全く反応してないことからして
ホントに70年代作品しか興味無いんだろうな
初期信者のローリー寺西でさえイニュエンドウは琴線に触れたのにな

アルバム単位ならレースやニュースよりホットスペースやミラクルの方が纏まってて好きだわ
[ 38755 ] by
John Doe
 22:15 on 2017-01-25
なんつーか、ZEPで言えばⅣまでで打線組んでるカンジ。
[ 38758 ] by
John Doe
 22:45 on 2017-01-25
One Visionで使われてるのはジョンの顔の角度やフレディの手が写ってないことから
ボヘミアンラプソディのやつじゃないいかね。
もっともそれ自体がIIのオマージュなんだろうけども。
[ 38779 ] by
John Doe
 06:43 on 2017-01-26
ハマートウフォールとショウマストゴーオンがない。やり直せ。
[ 38790 ] by
John Doe
 12:08 on 2017-01-26
てかQueenの曲は作曲者ごとに分けても名曲が多くて打線組めない
[ 38805 ] by
John Doe
 18:55 on 2017-01-26
馬鹿だな名曲が多いから打線スレが伸びるんだろ
[ 38832 ] by
John Doe
 05:52 on 2017-01-27
QUEENはBEATLESと同じで前期中期後期で顔が違うからなあ
一口に語れない


※コメント欄には禁止ワード(不適切な単語やhttpなど)が設定されています。また、管理人が不適切と判断したコメントは削除することがあります。
最新の「特集記事」
「2016年の人気記事ランキング」 2017ffgymtb_convert_20170105021605.jpg

「2016年、年間ベスト・アルバム 20枚」 swans2016jju_convert_20170102180805.jpg

「先月、こんな音楽聴きました。Vol.7(2016/11)」 jay-daniel2200236_convert_20170102180824.jpg
はてブ人気記事
最近の人気記事
おすすめ
カウンター
2013/2/3設置

ブログパーツアクセスランキング